侮辱発言の森脇がACL16強の済州戦で先発復帰! 浦和がスタメン発表、興梠や武藤起用へ

写真拡大

U-20ワールドカップ開催のため、平日デーゲーム開催に

 24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16第1戦の済州ユナイテッド(韓国)戦に臨む浦和レッズのスターティングメンバーが発表された。

 浦和はJリーグで2試合出場停止処分を受けたDF森脇良太が、侮辱発言があった4日の鹿島アントラーズ戦以来のスタメン起用。処分はあくまでもJリーグのみ適応で、ACLに出場停止処分は影響していない。森脇は4日のJ1第10節鹿島アントラーズ後半、球際での競り合い後に両軍がもみ合いとなった際、鹿島の選手に「口が臭い」と暴言を吐いたとされ、Jリーグ規律委員会に呼ばれ処分を受けていた。

 DF遠藤航、DF槙野智章と3バックを形成。森脇が出場停止の間に右ストッパーを務めていたMF宇賀神友弥は左ワイドに戻り、前線はACL日本人最多得点のFW興梠慎三に加え、FWズラタン、FW武藤雄樹が起用される。

 済州は本拠地の済州ワールドカップ競技場がU-20ワールドカップ開催のため使用できず、照明設備のない済州総合競技場が使用される。そのため、平日にもかかわらずデーゲーム開催となった。

 和は昨季このラウンド16で同じ韓国勢のFCソウルに敗戦しているが、昨季を超える結果を残すためにもまずこのアウェーでの第1戦で好結果を残したいところだ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

GK

西川周作

DF

森脇良太

遠藤 航

槙野智章

MF

関根貴大

柏木陽介

阿部勇樹

宇賀神友弥

FW

武藤雄樹

ズラタン

興梠慎三

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images