サムスン、エントリー向けスマホ「Galaxy Feel」をドコモから発売

写真拡大 (全6枚)

 サムスン電子は本日24日、エントリー向けスマートフォン「Galaxy Feel」をNTTドコモから発売すると発表した。

 「Galaxy Feel」は、本体幅が約67mm、薄さが約8.3mmのスリム設計で、手にしっくりなじむすぐれたグリップ感が実現されている。カメラ部の突出もなく、ポケットにもすっきり収まる点も魅力の1つだ。さらに、硬質なメタル素材と2.5Dガラスが採用され、シンプルかつ上質な仕上がりを実現している。

 約4.7インチのディスプレイには、1,280×720 ピクセルの Super AMOLED(有機 EL)ディスプレイを採用。細かな文字やディテールまではっきりと見え、色鮮やかで高精彩な画像が楽しめる。また、キャップレス防水に対応(IPX5/8)しているので、雨の日や水回りのさまざまなシーンでも安心して利用できる。

 また、リアカメラ(約1,600万画素)に加え、インカメラ(約500万画素)にも明るい F値1.9レンズを搭載。少し暗めのパーティー会場や美しい夜景をバックに自撮りしたい場面でも、明るくノイズの少ない写真の撮影が可能だ。食事モードを使うだけで料理の写真も美しく撮れるなど、撮影モードも充実。写真の雰囲気を簡単に変えられるフィルターや、豊富なスタンプなどをあらかじめ備えており、買ったその時から自由自在にアレンジができる。

 さらに、バッテリーは3,000mAhの大容量バッテリーを搭載。電池切れの不安なく、動画、音楽、ゲームなどを存分に楽しむことができる。万が一バッテリー残量が少なくなってしまった場合でも、急速充電に対応しているので、約110分でフル充電が可能だ。「Galaxy Feel」は全国のドコモショップなどで6月中旬に販売が開始される。