絵を掛けるときは壁に釘などを打ち込んで、絵(額縁)に付いたヒモを引っ掛けるのが一般的。

しかし実際にやってみると、釘が絵で見えない状態で引っ掛けることになるので、なかなか1度でスマートにはいかないものです。

壁にサクッと1発で絵を掛けるライフハックをご紹介します。

 

Use a fork to help hang a painting

[動画を見る]
(7) How to hang a picture using a fork - YouTube


使うものはフォーク1本。


こんな風に、釘の上からフォークを通します。


下準備はこれだけ。


次に絵画のヒモを……。


フォークの柄に通します。

[画像を見る]
きれいに引っかかりました。

[画像を見る]
後はフォークを……。

[画像を見る]
引っこ抜くだけ!

今まで何度も失敗していた絵の掛け方が、フォーク1本で簡単に美しくできるようになりました。[画像を見る]
ちなみに、この手のフックを使うのも便利だそうです。[画像を見る]
絵の傾きを避けるために、ゴム製のステッカーを絵の下の2つのコーナーに貼るだけで、ずれ防止になるとのことです。シンプルですが、簡単に絵が掛けられる方法でした。【これは便利…壁に絵を掛けるのが簡単になるテクニック】を全て見る