歌手のケイティ・ペリーが、不仲を噂される歌手のテイラー・スウィフトとの関係改善に積極的なようだ。

近年犬猿の仲だと言われてきたケイティとテイラー。テイラーは2014年に「Bad Blood」をリリースし、ケイティについての曲だと噂され、ケイティが現地時間19日にリリースした新曲「Swish Swish」はテイラーのことが歌われているのではないかと話題になった。ケイティは現地時間22日に放送されたトーク番組「The Late Late Show with James Corden」の名物コーナー「カープール・カラオケ」で司会者のジェームズ・コーデンにテイラーとの不仲について聞かれ、「彼女が始めたのよ。彼女(自身)が終わらせる時が来たわ」とコメント。ケイティは自分のダンサー3人がテイラーのツアーに参加していたが、自分がツアーをする時に戻って来たことがすべての発端だと説明し、「このくだらないことを終わらせる準備ができている」と話していたばかりだった。

そんなケイティは現地時間23日にラジオ番組「Morning Mash Up」に出演し、再びテイラーについて聞かれると、すでにジェームズ・コーデンの番組で詳細を話したと前置きし、「私は彼女に連絡しようとしたわ。正しくて、良いことをしようとしたの……彼女が私を拒否して、曲を書いたのよ」とコメント。さらにケイティはもし、テイラーからFaceTime(テレビ電話)がきたら、電話に出るかと聞かれ、「もちろんよ。ところで、私は準備ができているわ。だって、女性が一つになれば、世界を癒すことができるもの」「私は誰にも不満はないの。みんな大好きよ。正直、私たちはこれまで以上に一つになる必要があるわ」「私たちは今、協力して、お互いを愛する必要があるの。あなたがどこから来たとか、何を信じているとか、どんな音楽が一番好きか関係なく、私たちは同じで、一つになるべきよ」と語った。

人気歌手のケイティ・ペリー (c)Imagecollect.