by Jaro Larnos

Google傘下にある人工知能研究所DeepMindが開発したAlphaGo(アルファ碁)と、中国の最強棋士である柯潔(か・けつ)九段との試合が、現地時間2017年5月23日から中国で開催中の「The Future of Go Summit」で行われました。以前、「AlphaGoはイ・セドルに勝てても私には勝てない」と発言していた柯九段ですが、23日に行われた3戦中の1戦目はAlphaGoが勝利しました。

AlphaGo China | DeepMind

https://deepmind.com/research/alphago/alphago-china/



AlphaGoを巡っては2016年3月9日、トップ棋士・李世乭(イ・セドル)九段との対局が韓国のソウル市内で行われ、AlphaGoが勝利したことが世界中に衝撃を与えていました。AlphaGoが第1局目に勝利したことを受けて、当時18歳だった中国人棋士の柯九段は「イ・セドルとの対局からAlphaGoが私よりも弱いことが分かったので、AlphaGoとは対局したくありません。また、AlphaGoに私の打ち筋をコピーされたくありません」「AlphaGoはイ・セドルに勝てても私には勝てない」と発言。ただし、のちにAlphaGoがセドル九段に3連勝したことから「AlphaGoは完璧でミスをしません。もしも条件が同じ場合、私が負けることもありそうです」と発言を訂正していました。

「AlphaGoはイ・セドルに勝てても私には勝てない」とコメントした世界ランクトップのカー・ジエ九段がAlphaGoと対局 - GIGAZINE



そして、2017年5月23日に行われた第1戦目で、柯九段はAlphaGoを意識した「三々入り」と呼ばれる手を打ちました。三々入りは数十年前に好まれた手ですが、現在の対局ではあまり見られません。しかし、AlphaGoは三々入りを好み、非公開で行われたオンライン対局でAlphaGoが60連勝を記録したあと、棋士たちの間で使用されるようになったそうです。そして柯九段の三々入りに対し、AlphaGoは非常に「興味深い手」を返したとのこと。これに対し、中国プロ棋士の樊麾(ファン・フイ)二段は「AlphaGoの手は『こことあそこに陣地を作ろう』というものではなく、最も使い勝手のいい場所に碁石を置こうとするものです。『どこに陣地を作りたいか?』ではなく『どうすれば全ての碁石の全ポテンシャルを引き出せるか?』というのが根本的な理論なのです」と語っています。

対局は接戦したものの、半目差でAlphaGoが勝利しました。柯九段は「今日の対局に向けて、私は勉強し入念な準備を行いました。過去の対局で行われたAlphaGoが好む手をコピーしたので、対局の序盤で私は2つの三々入りを打ち、大きく攻めました。それに対しAlphaGoが予想しなかった動きを見せたのが非常に印象的でした。また、人間対人間ではあり得ない動きをAlphaGoが見せたことは衝撃でした。しかし、よくよくその手を分析してみると、2手も3手も予測した非常にいい手なのです。1つの石で2羽の鳥を落とすような。この手で、AlphaGoの強さを確信しました。AlphaGoが繰り出す手には価値のある学びと冒険が含まれています。AlphaGoの影響は甚大です。私たちは自分たちの思考を探索し、考え方を拡張するべきなのです」とコメントしています。

AlphaGoと柯九段の対局内容は以下のウェブサイトで再現することが可能。

AlphaGo China | DeepMind



また、DeepMindのデミス・ハサビスCEOは「偉大な対局を行った柯潔氏に敬意を表します。非常に接戦した、興奮する対局でした。柯潔氏がAlphaGoの限界を押し上げてくれたことにも敬意を表します!囲碁は可能性に限界がほとんどない、すばらしい題材です。AlphaGoは、囲碁棋士、そして囲碁コミュニティーを真の囲碁へと連れ出し、より多くを発見できるツールだと考えています。囲碁棋士たちは昨年の対局を楽しんでくれたものと思いますが、それがこの偉大なるゲームの理解につながったことを願います」とコメント。



なお、The Future of Go Summitは27日(土)まで続き、木曜日と土曜日にも柯九段とAlphaGoの対戦が予定されています。また、このほか、AlphaGoと中国のプロ棋士がタッグ組み、同じようにして組まれたAlphaGoと中国のプロ棋士のチームと対戦する「ペア碁」、5人の棋士たちがチームを組みAlphaGoと戦う「チーム碁」も行われるとのことです。