GUMMYからFIESTAR イェジの新曲まで…KBSで放送不適格判定に

写真拡大

歌手GUMMYの「男の定石」、FIESTAR イェジの「Anck Su Namun」、VIXXの「Black Out」がKBS歌謡審査で放送不適格判定を受けた。

本日(24日) 発表されたKBS歌謡審査の結果によると、GUMMYのニューアルバムの先行公開曲である「男の定石」は「ESQUIRE」「GQ」「ARENA」「LEON」など、特定のブランドを言及しただけで不適格の判定を受けた。

イェジのソロタイトル曲の「Anck Su Namun」は悪口、俗語、低俗な表現を使った理由で不適格判定を受けた。

VIXXの収録曲「Black Out」は、男女の情事シーンを表現したという理由で不適格になったという。

その他にもLOCOの「朝は黒く」「残っている」も特定のブランドを言及したという理由で不適格判定を受けた。