U-20ウルグアイ代表【写真:Getty Images】

写真拡大

ウルグアイの危険な“三銃士”。U-20世代を凌駕した個人能力

 U-20W杯のグループステージ第2戦でU-20日本代表と対戦するのは、南米王者ウルグアイ。同世代の常識を凌駕する圧倒的な個人能力と組織力を融合させた優勝候補筆頭に対し、日本はどんな戦いを挑めばよいのだろうか。勝利の鍵は守備陣の奮闘にありそうだ。(取材・文:河治良幸【水原】)

----------

 U-20W杯の初戦で南アフリカに2-1と逆転勝利した日本は、24日に南米王者のウルグアイと対戦する。まるで“A代表を見るような”と言ったら大げさだが、ウルグアイはタレント力の高い選手たちが組織的なプレーをこなし、かつ個でも存在感を示す。間違いなく優勝候補の一角であり、純粋なチーム力は南アフリカと比較にならないレベルと言っても過言ではない。

 ウルグアイはイタリアと接戦の末にFWロドリゴ・アマラルのFKゴールで1-0と勝利した。そのアマラルは左足首を痛めたため出場は微妙だが、破壊的なシュート力を誇る10番の欠場による穴をほとんど感じさせないほど、国際的にも注目される攻撃のタレントが揃う。

 とりわけA代表の主力カルロス・サンチェスの異母弟でもあるMFニコラス・デ・ラ・クルス、アトレティコ・マドリーに所属するニコラス・スキアパカッセ、大会後のユベントス加入が内定しているロドリゴ・ベンタンクールの3人は個人能力がこの年代の常識的なレベルを凌駕しており、日本にとっても間違いなく危険な存在になる。

 デ・ラ・クルスはトップ下を本職とする選手。U-20ウルグアイ代表では[4-3-3]の右ウィングを担うが、どんどん中に入ってチャンスの起点になり、高精度のスルーパスやミドルシュートを狙うタイプだ。「そこが起点になると思うので、どれだけ先に潰せるか」と語るのは左SBの舩木翔。「スピードは相手の方があるので、スピードに乗せない様に潰すとか、自分たちがボールを奪うことをやっていけたら」と、具体的な対処法にも言及した。

 デ・ラ・クルスにワイドな位置で起点のプレーをさせないように高めの位置で潰しにいき、それが不可能なら最後までついてシュートを打たせないことが大事だ。ただし、ウィングが中央に流れるプレーに対してはSBが中に絞りすぎず、ボランチに柔軟にマークを受け渡す判断も求められる。ボランチで先発が予想される原輝綺は「SBが縦を切って、相手が中に入ってきたら、そこはボランチの仕事だと思う。そこで潰し切りたいですし、せめてバックパスを選択させたり、FWにボールを入れさせないようにしたい」と語る。

組織でクレバーに守る。DF陣の連携が試される時

 左ウィングのスキアパカッセに対しても同様の対応が求められる、彼の場合は味方がボールを奪った瞬間から中央付近でボールを受けることも多く、最初からボランチやCBが1対1に近い対応を強いられるシーンも多くなるだろう。右SBは南アフリカ戦の初瀬亮に代わり藤谷壮の先発が予想される。

 藤谷はスピードを生かした粘り強い守備を身上とするだけに、一瞬の動き出しからボールを受けて危険なシュートに持ち込むスキアパカッセのマークにはうってつけの選手だ。ただ、スキアパカッセは99年生まれの“飛び級”選手でありながらフィジカルの強さはU-20の水準を超えており、覚悟を持って当たっていかないと潰し切れないばかりか、弾き飛ばされて決定的なプレーに持ち込まれてしまうので要注意だろう。

 ウルグアイは大柄なホアキン・アルダイスが中央のFWをつとめるため、CBの中山雄太と冨安健洋は彼にポストプレーをさせない守備が基本になるが、デ・ラ・クルスとスキアパカッセがオフ・ザ・ボールの動きで中央に流れてきた時にはそこで潰しにいく仕事も生じる。そこで意識するのは早いタイミングで来るミドルシュートの対応だ。

「やっぱりシュートがあるというのは海外ならではですし、日本だったらあそこで打ってこないというのもあるんですけど、ファーストディフェンダーは絶対に決めたいと思いますし、そこが決まってないで自分たちがつりだされたりすると南ア戦の1点目みたいになってしまう」

 そう語る中山は必要に応じて個の“デュエル”で潰すことも意識に置きながら、ファーストディフェンダーを明確にして、組織でクレバーにやり切る意識を強めているようだ。その意味でボランチやCBにとっては左右のウィングよりもベンタンクールの対応が難しくなるかもしれない。中盤のインサイドハーフとして幅広くボールを捌きながら、アタッカー顔負けの高速ドリブルでバイタルエリアまで侵入しては危険なパスや強烈なシュートに持ち込む。

ウルグアイ“三銃士”を封じるには。チャレンジの先に勝利あり

 ボランチでマッチアップが予想される原は「わざとフリーにしておいて、出させて取るとか。でも速いので、距離を空けすぎないことを意識しないといけない」と想定している。原としては日本の[4-4-2]とウルグアイの[4-3-3]のシステムの噛み合わせから、アンカーのフェデリコ・バルベルデがボールを前に運んできた時にどう対応するかをイメージしているようだが、守備のバランスを第一に考えながらプレーすることは間違いない。

 ボランチは原と市丸のフレッシュなコンビの先発が予想される。彼らの守備での機動力を生かす意味でも最終ラインを押し上げることが重要になるとDFリーダーの中山は強調する。

「前線は強力ですけど、それに対して自分たちがラインを下げないのが大事だと思いますし、それによって原が前でのボールの寄せが生きてくる」

 高い位置で守備をする時間を長くすれば、デ・ラ・クルス、スキアパカッセ、ベンタンクールの3人の能力を十分に発揮させないことにもつながる。

 それでも押し込まれる時間帯や鋭いカウンターから一気にシュートまで持ち込まれるシーンはあるだろう。そうした状況でも南アフリカ戦の序盤のように慌てることを避け、冷静に粘り強く守り抜けるか。結果として南米王者を無失点に抑え、得点を奪って勝利できれば一番だが、「自分たちのやりたいことをチャレンジして、悔いのないように戦えればおのずと拮抗した試合になると思うので、萎縮せずやりたい」と原が語る通り、チャレンジの先にこそ新たに見えてくるものがあるはずだ。

(取材・文:河治良幸【水原】)

text by 河治良幸