日本へメッセージを寄せたチャーリー・ハナム演じるアーサー/[c]2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC

写真拡大

『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督が“アーサー王伝説”を大胆な解釈&スタイリッシュな映像で描くアクション大作『キング・アーサー』(6月17日公開)。その劇中映像の一部が、主演のチャーリー・ハナムとジュード・ロウのメッセージと共に先行公開された。

【写真を見る】『シャーロック・ホームズ』にも出演のジュードが、敵の暴君役を怪演/[c]2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC

映像の冒頭には、アーサー役のチャーリー・ハナムからのメッセージを収録。「スラム育ちのアーサーが聖剣エクスカリバーを用い、邪悪な暴君ヴォ―ディガンに立ち向かう」と役柄について自ら説明する。続いてヴォ―ディガンを演じたジュード・ロウのコメントも披露され、「アーサー王伝説を新しい切り口で描いている」と本作の魅力を語る。

そして本映像では、ハナムが語った通りスラムの売春宿で貧しく生き抜くアーサーと、彼の両親を殺した暴君ヴォ―ディガンの関係性が浮き彫りになるやり取りと、アーサーがヴォ―ディガンへ「お前が俺を創ったんだ」と言い放つシーンが公開されている。

劇中のキャラクターについて、『シャーロック・ホームズ』2作に続きリッチー監督と組んだジュードは「監督が大切にしたのは観客がアーサーと等しくヴォーティガンにも共感できること。彼は一貫して、登場する善人も悪人も心に訴えかける魅力を秘めた人物として描いている」と演出秘話を明かしている。

そんな魅力的なキャラクターが激アツなソード・アクションを繰り広げる本作。2人が演じたアーサーとヴォ―ディガンの戦いはどんなクライマックスを迎えるのか!? いまから日本公開が待ち遠しい!【トライワークス】