画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは5月24日、2017年夏の新モデルとして、8.4インチのAndroidタブレット「dtab Compact d-01J」(ファーウェイ製)を発表した。5月下旬発売予定で、端末価格は一括時で4万5,000円。MNPと新規契約・機種変更が実質無料(月々サポート適用時に端末代金を割引料金が上回る)。

dtab Compact d-01Jは、高精細ディスプレイを搭載したAndroid 6.0搭載タブレット。2016年1月20日に発売した前モデルとほぼ同等のボディサイズながら、画面サイズが8.4インチ(前モデルは8インチ)に、解像度が2,560×1,600ドット(前モデルは1,920×1,200ドット)に向上し、厚さも0.7mm薄くなっている。指紋認証も継続して搭載。

最大の特徴は、遠隔操作で契約者情報を書き込め、SIMカードの着脱が不要になる「eSIM」を新たに採用したこと。このほか、Microsoft Officeがプリインストールされ、OSはAndroid 6.0に更新された。本体カラーは、従来のシルバーに加え、新たにゴールドをラインナップする。主な仕様は以下の通り。

OS: Android 6.0

CPU: Hisilicon kirin(オクタコア/2.3GHz×4+1.8GHz×4)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 16GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W124×H216×D7.3mm

重量: 約325g

ディスプレイ(解像度): 約8.4インチ TFT(2,560×1,600ドット)

メインカメラ: 約800万画素

サブカメラ: 約800万画素

バッテリー容量: 4,980mAh

連続待受時間: 約700時間(LTE)

通信速度: 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 4.1

防水防塵: なし

生体認証: ○(指紋認証)

ワンセグ/フルセグ: なし

接続端子: microUSB

カラーバリエーション: Gold、Silver