自動運転開発支援をサポート!ZMPが新オプションやサービス展示中

写真拡大 (全5枚)

 ZMPは、本日24日から26日までパシフィコ横浜・展示ホールにて開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017」において、自動運転にかかる様々な新しいオプションやサービスを発表する。

 まずは、自動運転開発システム「RoboCar MiniVan」とdSPACEの「MicroAutoBoxII」との連携オプションの提供を開始。高性能で豊富な自動車用入出力インターフェース、そして小型・堅牢な筐体を備え、テスト車両に搭載して制御ロジック開発や信頼性検証ができる制御開発用ツール「MicroAutoBoxII」だが、今回の連携オプション提供開始により、制御ロジックやドライビングモデルのシミュレーションを、実車上で検証する手段としてZMPの「RoboCar MiniVan」が利用できるようになる。

 また、ZMPの「RoboCar MiniVan」に各種センサーが搭載されることで、自動運転開発コンピュータ「IZAC」で自動運転を行った際、被験者が安心や不安をどのように感じたかアンケートを取得するなど、自動運転関連製品を開発する企業が実際の自動運転を体感した被験者のデータを得ることができる走行データ取得支援サービスがテストコースを利用して開始される。

 ほかに、公道走行におけるディープラーニング研究開発用データセット作成サービスが受注開始となる点にも注目だ。ドライバーによる公道走行時のデータ取得支援サービス「RoboTest」に、ディープラーニングの研究で数万枚規模必要となる学習用データセットとして、ピクセルレベルでのラベリングをしたデータの作成サービスが、新メニューとして追加される。これにより走行データ取得の計画立案といった上流工程からデータロギングシステムの設計・構築、さらに被験者ドライバーの手配やデータ管理をするだけでなく、取得したデータをラベリングまで一気通貫で実施できるワンストップサービスが実現した。

 このほか、ZMPはカメラユニットやシステムに関する新サービス・システム発表も予定。「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017」は本日24日から26日までの3日間開催される。