現在おもに使われているのは『4G(LTE)』ですが、次世代の通信規格『5G』の研究・開発はすでに進んでいます。Appleもこの5Gのテストを行っていることが判明しました。

そもそも5Gとは?

4Gに比べて通信が速くなり、遅延が少なくなります。さらに、より多くのデバイスが接続できる環境を目指しています。

auによれば、最大速度は4Gの1Gbps(毎秒130MB)から20Gbps(毎秒2.5GB)に高速化。遅延は0.01秒から0.001秒に減ります。4Gは1キロ平方メートルあたり10万台接続できますが、5Gはその10倍の100万台です。

5G対応iPhoneを開発中?

Appleの噂を扱う大手サイト『9to5Mac』は、Appleが実施する5Gのテスト期間が12ヶ月以内であることから、年内に5G対応製品が発表されることはない、と分析しています。

今回のテストの目的は5Gの技術を確かめ、今後の製品開発に活かすことにあると考えられます。

仮にAppleから5G対応iPhoneがすぐ発売されたとしても、日本で5Gが導入されるのは2020年ごろの予定です。現時点では5Gを使うことはできません。

参考

Apple testing ‘millimeter wave’ 5G wireless technology, experimental license shows | 9to5MacApple is testing 5G millimeter wave wireless technology: FCC filing - Business Insiderdocomo 5G | 企業情報 | NTTドコモ5G | 5Gの位置づけと性能 | スマートフォン | au5G Project | モバイル | ソフトバンク