画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは24日、2017年夏の新モデルとして、Androidスマートフォン「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表した。6月上旬発売予定で、端末価格は、MNP、新規契約・機種変更ともに2万円半ば(月々サポート非適用、新プランdocomo with適用)。

arrows Be F-05Jは、アンテナ内蔵型のワンセグ機能をはじめ、おサイフケータイや防水・防塵機能など日常的に利用するスマートフォンに必要な基本機能を詰め込んだモデル。ハードウェア的にはミドルレンジだが、OSに最新のAndroid 7.1を搭載し、レッド、ブラック、ホワイトの3色を用意する。前モデルと形状が若干変更しており、背面パネルと側面アルミで一体感を持たせた新デザインを採用している。

本体は、さまざまなシチュエーションで使うことを想定して設計されたという。防水・防塵機能だけでなく耐衝撃性能も優秀で、前モデル同様、落下時に画面部分が直接地面に当たらない構造になっている。アメリカ国防省が定めるMIL規格の14項目の試験もクリア。加えて本モデルでは新たに、1.5mの高さから26方向でコンクリートに落下させる独自試験も追加するなど、抜群の耐久性を実現した。

主な仕様は以下の通り。

OS: Android 7.1

CPU: クアッドコア/1.2GHz

内蔵メモリ: 2GB

ストレージ: 16GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W72×H144×D7.8mm

重量: 141g

ディスプレイ(解像度): 約5.0インチ TFT(1,280×720ドット)

メインカメラ: 約1,310万画素

インカメラ: 約500万画素

バッテリー容量: 2,580mAh

連続待受時間: 約640時間(LTE)

通信速度: 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth: 4.1

防水/防塵: ○

生体認証: ―

ワンセグ/フルセグ: ○/―

接続端子: microUSB

カラーバリエーション: レッド、ブラック、ホワイト