12星座【恋愛自滅キャラ】ランキング 牡羊座は結果を焦って暴走しがち!

写真拡大

 気を回しすぎて失敗する。あるいは、気持ちを抑えきれずにドン引きされる。そんなふうに自滅の道を突き進んでしまう人って、いますよね。とくに交際の初期段階においては、お互いに相手の人柄を把握しきれていない分、破局に至ってしまいがちです。今回は、恋愛中に自滅しやすい星座をランキングで紹介します。

■第1位 乙女座……自己規制しすぎて自滅する
 恥じらう気持ちが強く、自分にダメ出しをしがちな乙女座。好きな相手に対してはその傾向が激しくなり、ふだんに増して自分に規制をかけてしまいます。LINEの返信すら悩み過ぎて、既読スルー並みの時間を取ってしまったり。デート時には、ソツのない自分を意識するあまり、よそよそしさを感じさせてしまうことも。過剰なためらいが誤解を生んで、みすみす自滅するタイプです。

■第2位 牡羊座……結果を焦って取り逃がす
 せっかちで、自分を抑えられない牡羊座。好きだと思ったら、すぐさま行動に移さないと気がすみません。相手の都合などおかまいなしに、全力でぶつかっていって振り向かせようとするでしょう。しかし、「追えば逃げる」の言葉通り、たいていの相手は気合いの入った押しの一手にビビって、牡羊座のもとから姿をくらましてしまうことに……。暴走が自滅を招くタイプです。

■第3位 蟹座……不安にかられて泥沼に
 心配症で、ちょっとしたことにも不安を募らせる蟹座。恋人がそっけない態度を取ろうものなら、「もしかして怒ってる?」「っていうか、嫌われた?」などと過剰に反応して大騒ぎ。すねるやら泣くやらで、いつしか相手もウンザリ。「なんか蟹座と付き合うの、疲れた」と距離を置かれて、ジ・エンドを迎えることに。敏感に反応しすぎるせいで、あえなく自滅の道をたどるタイプです。

 第4位は、独占欲が強く嫉妬深い牡牛座。恋人の行動をチェックしすぎて、ウザがられ、自滅を招いてしまいそう。第5位は、野心家の山羊座。もともと感情の機微に疎い上に、何かというと仕事を優先させる姿勢で、恋の予感も尻すぼみに。

 第6位は、人付き合いのいい魚座。恋人ができても友人と遊びまわり、不信感を持たれて破局というパターン。第7位は、アピール好きな獅子座。好きな相手に、自分がモテることをつい見せつけてしまい、不興を買って自滅の道へ。

 第8位は、ナルシストの天秤座。クールないい女を気取るあまり、相手の気持ちを置き去りにして、逃げられることに。第9位は、束縛を嫌う水瓶座。自分が自由でいたいがために、相手を自由にさせすぎて、結果、音信不通を招く始末。

 なかなか自滅しないのは、第10位の蠍座。類いまれなる洞察力で相手にとっての地雷を避け、たくみに自滅を回避します。第11位は、お気楽な射手座。たとえ自滅しかかったとしても、そんな事実は陽気にスルー。普段通りに振る舞って、いつの間にか関係を修復してしまうツワモノです。

 そして第12位は、目はしも機転も利く双子座。相手の感情の変化を見逃さず、上手にいなしていけるので、自滅を招くことはまずありません。むしろ、お得意の誘導で、相手の自滅を見て楽しむという少々悪趣味なことをしてのけそう。

 恋で自滅をしがちな人は、自分の感情でいっぱいになってしまい、相手の気持ちや状況を見誤ることが多いもの。冷静さを心がけることで、悲しい結末を迎えることも少なくなるでしょう。
(月星七海)※画像出典/shutterstock