米海兵隊の水陸両用強襲車に設置された衛星用アンテナとその近くにいる兵士ら。フィリピンで行われた米比合同軍事演習で(2014年10月5日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米当局は23日、宇宙通信装置などを許可なく出身国の中国に密輸した疑いで、カリフォルニア(California)州在住の女(32)を逮捕した。

 逮捕された女は2013年3月〜15年12月に連邦法で定められた適切な輸出許可を得ずに、計10万ドル(約1100万円)を超える通信機器を購入・密輸したとされる。この中には軍事通信で一般的に使われる妨害電波の発生装置も含まれ、輸出をする前に輸出規制のシールを剝がしていたという。

 当局は女が発覚を避けるため複数の偽名や偽造パスポートを使い、中国にいる仲間らと共謀して不正な輸出に関与していたとみている。14件の容疑がかけられており、すべて有罪となれば150年の禁錮刑が科される可能性がある。
【翻訳編集】AFPBB News