アリアナ・グランデが英爆発事件後にアメリカに帰国、恋人と長いハグ

写真拡大

歌手のアリアナ・グランデが、現地時間23日にイギリスから故郷の米フロリダに帰ったことが分かった。

アリアナは現地時間22日にイギリスのマンチェスターでコンサートを行っていたが、コンサート終了後に爆発が起き、会場は大惨事に。22人が死亡、59人がけがをした。

アリアナは無事であったが、ツイッターに、「苦しいです。心の底から、本当に、本当に残念です。言葉になりません」と悲痛な思いを投稿。アリアナは現地時間23日にプライベートジェットでアメリカに帰国し、恋人でラッパーのマック・ミラーに迎えられた。アリアナの母ジョアンさんも一緒に飛行機から降りる姿を目撃されている。アリアナはずっと下を向いて悲しそうな表情で、マックと再会するとハグとキスをしていた。

関係者はゴシップサイト「E!ニュース」にマックがアリアナを迎えて、長いハグとキスをしていたと明かし、「とても感情的な再会でした。彼らは車に乗り込む前に1分ほど立って話していましたよ。アリアナはとても疲れているように見えました。あまり寝ていないようでしたね。彼女はただ家に帰って、愛する人と一緒にいたいようでした」とコメントしている。