【詳細】他の写真はこちら

メルセデス・ベンツとVAIOがコラボ!?



2017年5月24日、メルセデス・ベンツ日本とVAIOは、『VAIO Z』のフリップモデルがベースとなる特別仕様PC『Mercedes-Benz × VAIO Z』を発表しました。ラインナップは1954年に誕生した名車『300SL』をモチーフにしたバージョンと、2015年の東京モーターショーで披露されたコンセプトモデル『Vision Tokyo』をモチーフにしたバージョンの2種類。スペックの異なるモデルがそれぞれ用意されるので、全4モデルとなります。



▲『300SL』をモチーフにした『Mercedes-Benz × VAIO Z(300SL)』。



▲『Vision Tokyo』をモチーフにした『Mercedes-Benz × VAIO Z(Vision Tokyo)』。

なかなか熱い特別仕様っぷり



今回のコラボでは、メルセデスブランドの世界観をPCに入れたかったと、メルセデス・ベンツ日本の担当者は語ります。メルセデスブランドの世界観というのは「伝統と革新性」。そこでモチーフとして選ばれたのが、伝統の『300SL』と革新性の『Vision Tokyo』なんだそう。



というわけで、天板にはそれぞれの車がレーザー刻印されています。このレーザー刻印はVAIOのプロダクトデザイナーが実写の写真から再デザインしたというこだわりっぷり。フロントグリルの細かい部分までしっかりと刻印されています。



そしてもう1つ印象的な特別仕様はブルーのキーボードバックライトでしょう。『Vision Tokyo』のテーマカラーとなるブルーで未来感と特別感を演出しているそうです。確かにノートPCでブルーのバックライトというのはあまり見ないですし、これはカッコイイかも!



エンジンサウンドがかっこよすぎる



さらにファンを胸熱にするのが、電源投入時とスリープから復帰した際に流れる「スペシャルサウンド」。それぞれ実車から収録したエンジンサウンドが流れます(どの車種の音かは内緒だそう)。しかも、電源投入時とスリープから復帰時で異なるものを採用。かなりカッコイイので下の動画からお聴きください。





このほかにも至るところにが特別仕様となっています。例えば、タッチパッドとヒンジ部の外側には、メルセデス・ベンツといえばの「スリーポインテッドスター」が。そしてヒンジ部内側には「Mercedes-Benz」のロゴが刻まれています。VAIOの担当者いわく、ヒンジ部のロゴは細かすぎて手作業で塗っているんだそう。また、4種類の専用壁紙までプリインストールされています。



▲あまり目立たないヒンジ部の外側のスリーポインテッドスターがオシャレですなあ。



▲専用壁紙は『300SL』の壁紙と『Vision Tokyo』の壁紙がそれぞれ2つずつプリインストールされています。

ここまでメルセデス一色に染まっているとスペックがどうこうは野暮ってもんですがまあ一応……。それぞれのバージョンともに「Core i7」モデルと「Core i5」モデルが用意されています。

「Core i7」モデルの主なスペックと価格は以下のとおり。

・CPU:Core i7-6567U

・メモリ:8GB

・ストレージ:第三世代ハイスピードプロSSD 256GB

・キーボード:日本語配列

・OS:Windows 10 Home 64bit

・Microsoft Office:なし

・価格:28万5000円(税込)

「Core i5」モデルの主なスペックと価格は以下のとおり。

・CPU:Core i5-6567U

・メモリ:8GB

・ストレージ:第二世代ハイスピードSSD 256GB

・キーボード:日本語配列

・OS:Windows 10 Home 64bit

・Microsoft Office:なし

・価格:25万円(税込)

あ、大事なことを忘れてました。この特別仕様PC『Mercedes-Benz × VAIO Z』は、Amazon.co.jpのメルセデス・ベンツ日本公式オンラインストアのみの取り扱いとなります。ソニーストアやVAIOストアでは買えませんのでご注意を。全モデル合わせて100台の限定販売で、すでに予約受付が開始されています。また、今回発表された特別仕様の『VAIO Z』は、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」にて展示される予定とのこと。気になる方は足を伸ばしてみましょう。



ちなみに今回のメルセデス・ベンツ日本とVAIOのコラボはメルセデスブランドをより身近なものに、という考えから生まれた「メルセデス・ベンツ コレクション」の1つ。両社の共通点と言える“こだわりのモノづくり”で共感できたことから生まれたコラボなんだそう。ちなみにメルセデス・ベンツはVAIO以外にも、グローバルでは「Swarovski」「Samsonite」「HUGO BOSS」、日本独自展開としては「NEWERA」「Hydro Flask」といったブランドとコラボレーションし、オリジナルアイテムを販売しているんですって。気になる方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか?



文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト



メルセデス・ベンツ日本公式サイト

VAIO公式サイト

VAIO Z製品情報ページ

メルセデス・ベンツ日本公式オンラインストア(Amazon.co.jp)

関連記事



Androidになった『VAIO Phone A』発表! SIM2枚挿し同時待受にも対応

初期の“VAIOっぽい”モデルも!『VAIO Z』と『VAIO S13』に「勝色」カラーが登場

あ、欲しい色みっけ! お洒落なツートンカラーの『VAIO C15』登場