イ・ジフンからB1A4 シヌゥまで…ミュージカル「ハムレット」がアイドルスターにかける期待(総合)

写真拡大 (全5枚)

ミュージカル「ハムレット」に出演する4人のハムレットたちの覚悟が格別だ。

昨日(23日) 午後、ソウル九老(クロ) 区新道林洞(シンドリムドン) にあるD-CUBEアートセンターにて開催されたミュージカル「ハムレット」のプレスコールでは、演出のロバート・ヨハンソン、原作者ヤネック・レデツキーを皮切りにイ・ジフン、B1A4のシヌゥ、BTOBのウングァン、VIXXのケン、イ・ジョンファ、チェ・ソヨン、ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、チョン・スミ、アン・ユジン、Enoch、キム・スンデ、イ・サンジュンなどが出席した。

ミュージカルを始めた当時、ミュージカル「ハムレット」の舞台に立ったイ・ジフンは、感情が特別だと話した。「もう一度この舞台に立つことができた状況と、僕をキャスティングしてくれたすべての方々に感謝し、光栄だ。新しくて特別に感じられる。初作品が『アルターボーイズ』だったが、その後諦めた。ミュージカルは僕に合わないと思ったが『ハムレット』に出会って、その魅力に魅了された」と話した。

彼は「そのおかげでミュージカルに対する魅力と、カタルシス(心の中に溜まっていた情緒が解放され、気持ちが浄化されること) を感じるようになったみたいだ。それから9年ぶりに再び出演することになって、胸がいっぱいだ」と伝えた。

続いて「当時はよく分からなくて、未完成な姿だったとしたら、今は9〜10年間公演しながら実力を築き、怖いけれど変化した僕の姿を感じることができるだろう。今回『ハムレット』を見て、皆様も面白さと感動、痛みと様々な感情を一緒に感じることができるだろう」と説明した。

今回「ハムレット」は、イ・ジフンを皮切りに3人のハムレットがアイドルスターで構成された。シヌゥ、ウングァン、ケンは「ハムレット」という大作に主人公として出演するだけに、ミュージカル俳優としての情熱を示した。

シヌゥは「実は『ハムレット』という作品に出演することになった時、たくさん悩んだ。ミュージカルというジャンルに対する愛着も大きく、挑戦したかったジャンルだったので心配した。そのように思っていたが、実際にハムレットという役割でオファーが入ったら『僕が今、この役割を演じてもいいかな』と悩むようになった」と話した。

彼は「とても有名で素晴らしい作品であり、多くの俳優たちが夢見てきた作品だから、僕が今、この作品に出演してもいいのかと、自ら疑問を持った。しかしそのように思うたびに、証明してみたいと思った。僕がより努力し、証明すべきだと思った」と伝えた。

4年ぶりにミュージカルの舞台に立つことになったウングァンは「3〜4年前、3本のミュージカルに出演した。魅力もたくさん感じたし、挑戦し続けたかったが、チャンスがなかった。いよいよ出演することになった。まず『ハムレット』に出演することになって嬉しく、初めてキャスティングされた時、とても嬉しくて楽しい気持ちで臨んだ」と話した。

また「何よりも3〜4年ぶりだから、ミュージカル界にデビューする気持ちだ。それほど最善を尽くしている。もちろんアイドルだが、僕を知らない方々が見た時『素晴らしいミュージカル俳優だ』と思ってもらえるように頑張る」と覚悟を示した。

VIXXのアルバム活動と、ミュージカル俳優活動を並行しているケンは「まず夢、最終目標がミュージカル俳優だ。僕が本当に出演したかった作品中『大人になったら、出演することができるだろう』と思った作品が『ハムレット』だった。それで事務所から『ケン、ミュージカルハムレットに』と言われた時、『出演します』と即答した」と伝えた。

「アルバム活動でスケジュールが重なる状況だったが、1回だけでも出演したいと思った。なぜならチャンスが来ない可能性もあると思い、最善を尽くさなければならないと思って出演を決心した」と付け加えた。

では演出を担当したロバート・ヨハンソンは、今回の「ハムレット」でなぜアイドルスターを多くキャスティングしたのだろうか。彼は「『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』を見ると、イェス様の聖書の言葉を同時代的な語法で表現した作品になっている。昨今、僕たちがスーパースターを見ている観点を盛り込んでいる作品だ。同じ観点で『ハムレット』を見たのだ。多少、疎外されているスターのような存在がハムレットだと思った」と説明した。

「特にこの作品に出てくる音楽は、アイドルグループの声で聞くことができる同時代的な作品だ。もちろん、単純に抜群の歌唱力だけで解決することはできないだろう。多重的な感情を表現するため、それほど深い演技力も必要だ」と話した。

最後に「この作品に出演する全てのハムレットの方々は、それを深みのある演技で見せるため、最善を尽くした」と深い信頼を示した。

ミュージカル「ハムレット」は時間と空間を超えて数多く再創造されている、シェイクスピアの「ハムレット」を原作とする。7月23日までソウル九老区新道林洞にあるD-CUBEアートセンターで上演される。