好きな人はできるけど、毎回失敗……。気がついたら彼女がいるか、いい感じになってもいつの間にかフェードアウトされる……。
今度こそ素敵な恋ができるようにするためには今までの恋愛パターンを振り返ってみることが大事です!
そこで今回は、好きな人と距離が縮まらない原因・対処法をご紹介いたします。



距離が縮まらない原因は?


結婚への執着が強すぎる
周りが結婚ラッシュを迎えていれば、当然焦るには当たり前。
彼氏がいる人でさえも焦るほどですから、今相手がいない状況だとすると、ずっとこの先も一人で過ごしていかなければいけない……そんな焦りや不安を感じてしまいますよね。
その焦りや不安はきっと相手にも伝わっているはず。

結婚への執着が強すぎると、出会ったばかりの男性陣はみんな引いていってしまいます。お付き合いする前から「結婚」に関する話題が出ることが多ければ、どうしても距離を置きたくなるもの。
まずは結婚よりも彼氏と良い関係を築きあげることを目標としましょう。

結婚を前提にお付き合いできればベストですが最初から結婚したい気持ちを伝えすぎても、うまくいかなくなります……。
まだ関係が深くなる前までは、自分の意見を押し通すのではなく相手の意見も尊重できるようにするのが吉です。

好きな人=彼氏と認識してしまう


好きな人は、あくまでも好きな人であって彼氏ではありません。
好きな人ができて連絡先をゲットした途端に舞い上がっていませんか?

彼とやりとりできて嬉しい気持ちは分かりますが、好きな人を彼氏のつもりで接すると結局、痛い目に遭ってしまいます。まさか深夜の時間帯に長々とLINEを送っていませんよね?

いきなり距離を縮めようとすると、どうしても縮まるどころか避けられるように……。好きな人=彼氏にならないように“意識”から改めましょう。

距離が縮まる方法は?


絶対に焦らない
好きな人ができても絶対に焦らないこと。これが大事!
焦れば焦るほど空回りします。彼にも必死な感じが伝わってしまうでしょう。もし逆の立場になったとき、あなたの目にはどう移りますか?彼女をつくりたくて必死にアプローチされても、正直戸惑ってしまうはずです。

焦りがみえる相手と付き合いたいと思うほど男性はお暇を持て余していません。焦っている女性よりかは、ゆったりと構え、適度な距離を築ける自立した女性のほうが人気を集めるのも仕方がありません。
少しずつ距離を縮めていけば、きっといつかは公認のカップルになれます。

深夜のLINE・メールは控える


好きな人とやりとりしていくうえで一番気をつけたいのは、深夜のLINE・メールは控えること。
女同士でも深夜にLINEやメールが来ると「今、このタイミング?」とイライラしませんか?
それは相手が男性であっても同じこと。どんなに悩みを聞いてほしくても彼のタイミングを考えないまま一方的に長文メールを送れば、今まで築き上げてきた関係もあっという間に崩れてしまいます。深夜はLINEやメールは控えて、お付き合いする前から彼に八つ当たりしないように、ちゃんとコントロールしておきましょう。

好きな人と距離が縮まらないなら、何か見直さなくてはいけないサインです。
ずっとそのままのやり方を続けていても、彼から告白してもらえないでしょう。少しずつ時間をかけて愛を育めるように、今までのアプローチを改善してみましょう!
(山口 恵理香)