中国では自動車が「社会的ステータス」を示すツールとして捉えられることが多く、友人や知人から見られて「メンツ」が立つかどうかを自動車選びの基準とする人は少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では自動車が「社会的ステータス」を示すツールとして捉えられることが多く、友人や知人から見られて「メンツ」が立つかどうかを自動車選びの基準とする人は少なくない。

 自動車にメンツを求める中国人消費者にとっては、「車体の小さな車」はメンツが立たない車であり、SUVやセダンのような車体の大きな車こそがメンツの立つ車のようで、日本で軽自動車が広く支持を集めていることがなかなか理解できないようだ。

 中国メディアの捜狐は22日、小型セダンならば中国でも人気があると伝える一方、「海を隔てた日本では軽自動車が人気」だが、軽自動車は自動車にメンツを求める中国人から見ると「奇怪な見た目なうえにスペックも低く、なぜ日本で支持されるのか分からない」車種に見えると伝えた。

 記事は、日本で人気のある軽自動車の車種について複数の写真を掲載しつつ、日本人消費者が軽自動車を支持しているのは「販売台数の多さ」から見て取れると指摘。中国人からすれば軽自動車の魅力がなかなか分からないとしつつも、「軽自動車を購入し、所有することの金銭的メリットは大きいのは事実」だと指摘。購入価格が安いという点以外に、燃費が良く、各種税金も他の車に比べて安いと紹介した。

 続けて、安全性を考慮するならば「軽自動車よりも優れた車はいくらでもあるはずだ」とする一方、日本人がそれでも軽自動車を購入するのは「日本人にとって車は日常的に使う足の代わり」だからだと指摘。軽自動車はあくまでも日常的に買い物や子どもの送り迎えなどに使われることが多く、自分の住んでいる都市を離れて遠くまで移動する手段として購入されているわけではないと紹介。

 中国人から見ると「奇怪な見た目なうえにスペックも低く、なぜ日本で支持されるのか分からない」軽自動車であっても、日本の環境や消費者のニーズに合致した車なのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)