2018年の「iPhone9」には、Samsung製の有機EL(OLED)ディスプレイが搭載され、サイズは5.28インチと6.46インチになる、と報じられています。

AppleがSamsungとOLED供給で契約締結

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が「現行iPhoneの販売に影響している」と認めるほど、iPhone10周年の記念モデル「iPhone8」に関する話題が盛り上がっていますが、早くも来年の「iPhone9」についての情報が報道されています。
 
AppleとSamsungが、2018年のiPhoneに搭載されるOLEDディスプレイの供給契約を結んだ、と業界関係者から得た情報として韓国メディアThe Bellが報じました。
 
「iPhone9」のディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチの2モデルで、Samsungの供給数は今年の「iPhone8」向けの2倍以上の1億8,000万枚になる、と伝えられています。
 
この報道が事実なら、現在販売されているiPhone7の4.7インチとiPhone7 Plusの5.5インチから、それぞれ約0.5インチと約1インチの大型化となります。
 
ただし、「iPhone9」は現在も開発中のため、デザインや機能については不明とのことです。

「iPhone8」もSamsung製OLEDを搭載

今年9月には、現行モデルiPhone7/7 Plusのアップデート版「iPhone7/7 Plus」と、10周年記念モデル「iPhone8」が発表されると噂されています。
 
「iPhone8」には、5.8インチのOLEDディスプレイが搭載され、Samsungが独占供給すると報じられており、AppleがSamsungに7,000万台ぶんを発注した、と報じられています。

 
 
Source:The Investor
(hato)