5月21日、味の素スタジアム。J2リーグ第15節、東京ヴェルディは京都サンガを迎え、1-2と逆転負けを喫している。

「少なくとも、引き分けられた試合だった。今ある戦力でどうやりくりしていくのか。それだけだよ」

 試合後、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(59)は静かに言った。百戦錬磨のスペイン人指揮官は、ひとつの敗北を気に病むことはない。戦いを積み上げ、再び挑むだけだ。

 今シーズン、ロティーナが率いるようになって、ヴェルディは確実に変化を遂げた。昨シーズン、18位で残留争いをしたチームは、京都に敗れた後も、なお5位につける(15節終了現在)。首位に立つアビスパ福岡まで4ポイント差と肉迫している。

 はたしてロティーナはチームに何を施したのか?


京都戦を見つめるロティーナ監督(東京ヴェルディ) ロティーナは1970〜80年代、選手としてリーガエスパニョーラ1〜3部のチームを渡り歩いている。400試合以上に出場。エリア内で泥臭くゴールを狙うストライカーだったという。

 88年、31歳で指導者に転身し、故郷ログロニェスのユース監督としてスタート。以来、ログロニェスB、ログロニェスと順調にキャリアを積み重ねていった。

 ヌマンシアでは95〜96シーズン、スペイン国王杯準々決勝でヨハン・クライフ率いるFCバルセロナと対戦し、本拠地で2-2と引き分ける快挙を成し遂げた。当時のヌマンシアは2部B(実質3部)で、この試合は今も伝説として残る。そして98〜99シーズンにはチームを1部まで引き上げた。

「弱者を強者に勝たせる」

 それがロティーナの評判のひとつになった。99〜00シーズンにも2部オサスナを率いて1部昇格に導き、2シーズンにわたって残留させた。03〜04シーズンにはセルタをリーガ4位に躍進させ、04〜05シーズンにはチャンピオンズリーグベスト16に進出。さらに05〜06シーズンにはエスパニョールでスペイン国王杯優勝を成し遂げた。その後もレアル・ソシエダ、デポルティーボ・ラコルーニャ、ビジャレアルという有力クラブを率いている。

 そして2015〜16シーズンには、カタール2部のアルシャニアを1部に引き上げた。徹底した守備戦術に定評があり、チームのベースを作る手腕は卓抜している。

「昨シーズンのチームを分析した。とにかく失点が多すぎたし、(取られる)形も悪かった。まずはそこを修正する必要を感じた」

 ヴェルディの監督に就任したロティーナは、そう指摘していた。

「いい守りがなければ、いい攻めも存在しない」

 スペインフットボールにおける大原則を適用し、ディフェンスの整備、修正に時間をかけた。立ち位置やカバーリング、組織的なラインコントロールやプレスのタイミングなど、ディテールにこだわって基礎を作った。選手同士の距離感は、昨シーズンと比べて格段に改善されている。

 敗れた京都戦でも、ロティーナ・ヴェルディはその一端を見せた。3-4-2-1の布陣で、ディフェンスは京都の”重量級”2トップを受け止めつつ、ラインをコントロールして対応。守備が安定したことで、自分たちがボールを持つ時間を増やし、優勢に試合を進めている。現実路線が実を結びつつあるのだろう。

「Jリーグ、とりわけJ2は3バックのチームが多い。ということは、多くの選手がそれに慣れているということだろう。選手が力を出せるやり方を選ぶのは当然だ」

 ロティーナはそう語っていたが、彼自身は「BANDA」(スペイン語でサイドを意味する)の選手を起用したいに違いない。BANDAは高い位置でボールを持ち、クロスを供給し、幅を創り出すサイドアタッカーを指す。

 しかし、日本サッカーではサイドバックがサイドの攻撃を担当し、サイドハーフは中に入ってプレーする機会が多い。BANDAタイプは希少で、攻撃的サイドバックをウィングバックとして使う戦術が定着した。

 これを踏襲したスペイン人指揮官はリアリストに徹して、勝利を目指しているのだろう。

 例えばDFからMFにパスの出し入れを繰り返し、右ウィングバックの高木大輔に展開して相手の脇をえぐる。それはすでに局面を破る戦術のひとつになっている。また、左サイドも左センターバック・平智広、左ウィングバック・安在和樹の2人はとも左利きで、左で持てるためピッチを最大限に活用。京都戦の先制点も、平から左足でゴール逆サイドにクロスが入って、裏にいたドウグラス・ヴィエイラが左足で決めたものだ。

 後半は京都のパワーに押し切られたが、ロティーナは淡々と試合を振り返っている。

「後半は暑さもあったが、前半のようにポゼッションをできなくなった。はっきり言えば、中盤に(井上)潮音がいないのは響いている。代わって出ている選手たちはよくやっているが、ボールを持てる時間をもっと増やしたい。自分たちがコントロールできていたら、まるで違う展開になっていただろう」

 5節に故障で交代して以後、井上はチームを離脱。そのセンスはJ2では突出しているだけに、やりくりは簡単ではない(代わりの選手は寄せて入れ替わられる場面が多かった)。

 プレーメーカーだけでなく、シャドー(トップ下)も人材を欠いた。8得点でゴールランキング2位のアラン・ピニェイロが出場停止で、前線の迫力不足は明白。今のヴェルディの戦力では、ケガや出場停止で主力を失った場合、それを完璧に補うのは難しい。

 そこに京都戦で引き分けられなかった理由はある。

 しかし、スペインで数々の修羅場をくぐり抜けてきた指揮官が弱音を吐くことはない。そもそも、アランも昨シーズンわずか3得点のFWにすぎない。今シーズン、有力外国人選手やJ1レギュラークラスを補強したわけでもない。一長一短ある選手たちをまとめ上げ、戦うしかないのだ。

 手駒を見極め、最善の戦いを準備する。その点、ロティーナは腹を括(くく)っている。

「敵中深くまで攻め入れるようになってきているし、悪いことばかりではない。センターバックも難しいことをせず、堅実になっている。次に向かうよ」

 そう言って去る指揮官は、顔中の皺(しわ)を深くした。

■Jリーグ 記事一覧>>