自己認識ができる人はわずか15% 意識を変える方法は?

写真拡大

組織心理学者のターシャ・ユーリックは新著『Insight(洞察力)』で、多くの人が習得していると思っているが実は習得できていない「自己認識」について書いている。

ユーリックは自己認識を大幅に高めた人々を分析し、数百件もの先行研究を調べ、なぜ人にはこれほど大きな盲点があるのか、それを変えるためにはどうしたらよいのかを説明している。

自己認識はキャリアの成功に不可欠だ。自己認識ができている人は仕事ができ昇進しやすく、効率的に部下を統率する。自己認識ができている社員が多い会社は、より強固な財務業績を収めている。

ユーリックが行った調査の結果、95%の人が自分は自己認識ができていると思っているものの、本当に自己認識ができているのはわずか10〜15%であることが分かった。その理由は3つある。

第1に、人は誰もが盲点を持っている。私たちは自動操縦モードで動いており、自分の振舞いやその理由を理解していない。第2の要因は自己肯定願望だ。自分を肯定すると幸せな気分になれる。最後の要因は「自己崇拝」。ソーシャルメディアが爆発的に広まる中、人々は自分の事ばかりに夢中になっているのだ。

では自己認識を獲得するには、どうしたらよいのか? ユーリックは、内面的と外面的の2種類の自己認識に取り組む必要があると言う。

内面的自己認識とは「自分の価値観、情熱、願望についての内省的な理解」で、外面的自己認識は「外側から自分自身を理解すること、つまり他人があなたをどう見ているかを知ること」だと彼女は書いている。意外なことに、外面的自己認識ができている人が必ずしも内面的自己認識ができているとは限らず、両者には関係がないことが調査の結果分かっている。

ユーリックは、外面的自己認識を高めるため、職場で「思いやりのある批判者」を探すことを提案する。あなたに成功してもらいたいと思っており、オブラートに包まず真実を伝えてくれる人が良い。

同僚全員からフィードバックをもらおうとしないこと。それでは消化しきれない。同僚の一人をランチに誘い、あらかじめ自分の要望を伝えておこう。

会話をうまく進めるために「私がしている事の中で、チームや組織への貢献に一番つながっている事は何だと思う? 逆にチームの成功の足を引っ張っていることは?」と聞くことを、ユーリックは提案している。

これに比べ、内面的自己認識を高めることは簡単に思えるかもしれないが、同様に意図的なアプローチが必要となる。ユーリックは最初の注意点として、自分の思いを長々と日記に書き出したり、自分の考えや行動の隠れた意味を探ろうとしたりしないよう忠告する。こうした行為は気分を落ち込ませるからだ。

自己分析は深くではなく、広く行おう。例えば、今まで経験した仕事を列挙し、その中で何が最も楽しめたのかを考える。自分がやりがいを感じた仕事のテーマとパターンを探そう。

1日の終わりに自分自身に「今日は何がうまくいっただろう? やり方を変えるべきかもしれないものは? 特定の課題に直面したら、誰に意見を求めたらよいだろう?」と問うことを、ユーリックは勧めている。

自己認識を高めることは、自分についての醜い真実を直視することだと恐れる人もいる。ユーリックも、この過程は困難を伴うかもしれないと認めている(彼女はネガティブなフィードバックをもらい喜ぶ人など見たことがないという)。だが、不快に思ってもいいのだと、ユーリックは述べている。

私たちは自分自身にそのような反応を感じさせる必要があり、それを処理する時間を取るのだと彼女は書いている。「勇気とエネルギーが必要。でも、その努力は必ず報われる。自信につながり、人生をもっとコントロールできるようになる」