即席カップめん「マルちゃん」のプロ野球チームコラボ商品

写真拡大

セ・リーグの広島東洋カープとパ・リーグの福岡ソフトバンクホークスは、それぞれの本拠地に熱烈なファンがいる人気プロ野球チームだ。球団のお墨付き商品と聞いただけで、取りあえず買ってしまうファンも少なくない。

「マルちゃん」のブランドで有名な東洋水産は、両チームとコラボした即席カップめんを発売する。

中国・四国地方向けはおなじみ「カープ坊や」

「マルちゃん 赤いきつねうどん カープ応援カップ」は、17年6月5日に中国・四国地区限定で発売する。パッケージは、赤いきつねうどんの赤とカープのチームカラーである赤色をベースに、公式マスコット「カープ坊や」のイラストを加え、ファンがより親しみを感じられるデザインに仕上げた。

スープは、昆布とかつお節のだしをベースに、煮干し・雑節のだしと、まぐろの旨みを隠し味に加え、淡口しょうゆを合わせた。めんは、弾力とコシのある、なめらかでのどごしの良い、太めのうどんを採用している。内容量96g(めん74g)で、希望小売価格は180円(税抜)。

ホークスバージョンは2種類展開

1週間後の6月12日には、「マルちゃん 赤いきつねうどん ホークス応援カップ」と「同 緑のたぬき天そば ホークス応援カップ」を九州地区にて発売する。

「赤いきつねうどん」のパッケージには、夏恒例のイベント「鷹の祭典」の専用ユニフォーム「1(ワン)ダホー! ストライプ2017」、「緑のたぬき」にはホームユニフォームに身を包んだ、ホークスの球団マスコット「ハリーホーク」をパッケージに使用している。

「赤いきつねうどん ホークス応援カップ」の商品特長は「同カープ応援カップ」と変わらない。

一方の「緑のたぬき天そば ホークス応援カップ」は、自然なウェーブで、のどごしの良い、なめらかなそばをめんに使用。スープは、昆布とかつお節のだしをベースに、煮干し・雑節のだしと、まぐろの旨みを隠し味に加え、しょうゆと砂糖でバランスよくまとめた西日本向けのそばつゆとなっている。内容量は101g(めん72g)で、希望小売価格は180円(税抜)。