早くも正念場が訪れた稀勢の里(左。写真:時事通信フォト)

写真拡大

 波乱続きの大相撲5月場所。両国国技館は連日、沸きに沸いている。手負いの横綱・稀勢の里を見つめながら、ある日本相撲協会関係者は、「かつての第62代横綱・大乃国(現・芝田山親方)を思い出してしまう」とため息をついた。

 本誌・週刊ポストが角界浄化キャンペーンを展開し始めた1980年代後半は八百長全盛期だったが、大乃国は数少ないガチンコ力士として知られた。稀勢の里もガチンコ力士である。

 1987年9月場所後に横綱昇進したが、前2場所は準優勝。3場所合計40勝という理由で推挙されていた。

「関係者のなかには“ガチンコの大乃国が土俵を変えてくれるのでは”と期待する声が多かった」(同前)

 だが、翌11月場所にガチンコ横綱を待っていたのは過酷なまでの「包囲網」だった。

「八百長が蔓延っていた時代ですから、序盤から三役、平幕力士たちが大乃国を潰そうと目の色を変えて向かってきた。序盤に3連敗するなど、終わってみれば8勝7敗。新横綱として史上最低の成績になってしまった」(ベテラン記者)

 当時の包囲網の厳しさを証言するのは、八百長を仕組むフィクサー役である「中盆」を務めていた板井(本名・板井圭介氏)だ。

「大乃国への私の張り手がクリーンヒットし、“KO勝ち”のようなかたちになったことがある。それ以来、対戦前になると大乃国と手が合わない(折り合いが悪い)力士たちが“今日も一発お願いしますよ”とわざわざ支度部屋でいってきたこともあるくらいです」

 そんななかで勝ち抜くのは容易ではない。

 大乃国は1988年3月場所には13勝2敗で優勝し、1988年11月場所の千秋楽結びの一番では、当時53連勝中の千代の富士に土をつけるなど、ガチンコ横綱として見せ場を作ったものの、横綱として2度目の優勝は果たせないまま、1991年7月場所途中で引退に追い込まれた。

「当時、大乃国を苦しめたのは千代の富士、北勝海の九重部屋2横綱。その状況と、モンゴル3横綱に囲まれた今の稀勢の里の立場がどうにも重なって見える。先場所は昇進場所優勝でしたが、横綱として2度目の優勝はないままになるのでは……と心配になってしまう」(同前)

 1989年9月場所では、大乃国は14日目に対戦した千代の富士に負けて7勝7敗となり、千秋楽で北勝海に敗れ、15日開催となってから唯一の“負け越し横綱”になっている。

 普通なら途中休場してもおかしくないところを、ガチンコ相撲で綱を張る大乃国は土俵に上がり続けた。そうなると平幕力士たちは「金星目当て」でさらにやる気が掻き立てられる。

「金星1個につき年収24万円アップするのが力士の持ち給金システム。やる気にならない方がおかしい」(前出の担当記者)

 そうした状況のなかで、ガチンコ下位力士が台頭してくる。

 1990年9月場所で大乃国、千代の富士、北勝海、旭富士の4横綱時代に突入したが、千代の富士が1991年5月場所で貴乃花(当時、貴花田)に敗れて引退。その後も下剋上場所が続き、翌7月で大乃国が、翌1992年5月で北勝海、同9月で旭富士が次々に引退。若貴ブームの時代に突入する。

 稀勢の里に白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴル3横綱を加えた4横綱時代も、長くは続かないと見る向きが多い。

「横綱が4人いれば1場所に金星のチャンスが4回もある。金星4個なら持ち給金が上がって年収は100万円近く増える。それだけ協会の出費はかさむので、金星配給が増えた横綱には引退勧告を出すケースもある」(同前)

 稀勢の里は4日目、ガチンコ平幕・遠藤を相手に初の金星を献上した。早くも正念場に直面しているのだ。

※週刊ポスト2017年6月2日号