EXILE ATSUSHIが、昨年末限りで解散したSMAPをリスペクトしている心境を明かした。ATUSHIは「SMAPさんに教わったこと、勉強させていただいたこと、学んだこと、たくさんあったなと、あらためて実感した」と感謝を寄せ、グループ解散に対する持論を綴っている。

 ATSUSHIは22日に自身のインスタグラムを更新。この日、SMAPとEXILEがコラボレーションした過去の動画をたくさん観たことを綴った。

 そして、「今観るとありえない光景なのかもしれないと感じた…。人の人生は分からないものだ。映像を観ていて、SMAPさんに教わったこと、勉強させていただいたこと、学んだこと、たくさんあったなと、あらためて実感した。“SMAPさん、本当にありがとうございます!!”」とSMAPをリスペクトする気持ちを伝えた。

 さらに、ATSUSHIは、“解散”という出来事の大きさを実感している様子。「グループが解散するということは、応援してくださる方々にとっては、本当に悲しく残念なことだと思う。僕もそう感じた」と率直な心境をしたためる。

 その一方で、ATSUSHIは「それ以上に別のことも感じた」とも続ける。「敢えてSNSだから言わせてほしい。例えば誰が死ぬまで、続けていれば、そのグループが全うしたのかとか…。物事にゴールなんてない。だからカタチを変えたり、成長を繰り返してきたりする」と、グループという存在に対する持論を展開し、EXILEのこれからに思いを強めた。

 ATSUSHIは、EXILEもまたファンに心配をかけてきたとも綴り、そのたび、抵抗感を感じることを記す。その上で、「僕はその未来を毎回明るいと思える。今もそう。ものすごくたくさん感じて、受け入れてきたと思う」と続けた。

 新ユニットであるパフォーマンス集団・FANTASTICSが『VOCAL BATTLE AUDITION 5』をおこなうことに「期待を膨らませる」と綴るATSUSHIは、「また新しい仲間が増えるんだなと。そして、自分の生き方を見つめ直さねばと、あらためてまた感じている…」と自身に問いかけた。

 そして、最後に「いつまで経ってもそれは、終わらない。この胸の鼓動が止まらぬ限り…。時代は移り変わっている。自分は古い人間だから…って、言いたくない。本当は言いたいけど…(笑)オレは死ぬ気で時代に付いていく?(笑)このSNSもそうなのかな…(笑)」と締めくくり、″今″を楽しく感じることを含め、ファンへの感謝を寄せている。