チーターか!水戸FW前田大然、「超速プレス」がもう笑っちゃうレベル…

写真拡大

今季の水戸ホーリーホックで存在感を見せている19歳のFW前田大然。

「J2最速」とも評されるスピードはJリーグファンの間でも注目を集めており、Qolyでもいくつか映像でご紹介してきた。

そんな前田がまたしても驚愕のスピードを見せつけた。

先週末に行われた徳島ヴォルティス戦、相手DFニコラ・ヴァシリェヴィッチがバックパスをした場面で…(01:47から)。

爆発的なスピードで追い、あと一歩でGK長谷川徹からボールを奪おうかというシーンだった。

特に凄まじいのは、長谷川がトラップした直後に見せた急激な加速だ。前田はペナルティエリアに入るあたりから一気にギアを上げており、その様子はまるでチーターのようですらある。

こんなスピードで追われれば、相手の最終ラインとしては厄介であるに違いない…。

78分にはこんなシーンも(02:35から)。

相手のパスが乱れボールがこぼれると、前田は一気にギアを上げあっという間に相手2人を追い抜き独走…。いわゆる“1人カウンター”でボールをペナルティエリアへと運んでみせたのだった。

これはひょっとして、永井謙佑のスピードを超えた?