7段Sトロニック変速機は加減速を含めて最適なギアを常に選んでいてくれる印象

写真拡大

 アウディにおける奇数の車名は、スタイリッシュさと実用性をバランスさせたユニークなコンセプトであることを意味する。A7しかり、このA5しかり。

 アウディA5クーペの登場は2007年にさかのぼる。おとな4名乗車を可能にしたサイズでありながら、バランスのいいデザインでいらい高い人気を保ってきた。

 2016年に本国で発表された2代目は、従来のキープコンセプト。比較的広い室内空間をもちながら、2名乗車がさまになるパーソナル性をきちんと備えているのだ。

 日本で発売されるのはA5クーペ2.0 TFSI クワトロ・スポーツ。185kW(252ps)の最高出力を持つ2リッター4気筒エンジン搭載だ。

 さらに7段ツインクラッチ変速機。そしてアウディ車の代名詞ともいえるフルタイム4WDクワトロシステムを組み合わせている。

 大きく変わったと思わされる点もある。湾曲したキャラクターラインと張り出したフェンダーによって前後タイヤの存在感を強調しているのだ。

 これをしてデザイナーの世界では“エモーショナル”と表現したりする。実際に走らせるとなかなか気持ちよい。とりわけ乗り心地もよく静粛性が高く、気分が快適だ。その意味でもエモーショナルである。

 エンジンパワーは炸裂するというほどではないけれど、370Nmもある最大トルクが1600rpmと低い回転域から発生する設定が活きていて、街中では力強さを感じる。

 高速道路でも空力ボディの効果もあるのだろう。伸びがいいと表現したくなる加速感が気持ちよい。静粛性も高く上質だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)