キャンメイクのアイシャドウ1つでできる 憧れハーフ顔メイクのやり方♡

写真拡大 (全8枚)

女の子なら一度は憧れるハーフ顔。立体的な目や鼻筋にうっとりしますよね。今やファッション雑誌の人気モデルさんはハーフの方がたくさん。今回は、私自身が「憧れのハーフ顔になりたい!」という思いで研究した、私流彫り深メイクをご紹介します♡

ハーフ顔はプチプラパレット1つでできる♡



今回使用するアイテムは、プチプラコスメの代表、キャンメイクの「パーフェクトスタイリストアイズ10 スウィートフラミンゴ」。

1つのパレットにシャドウやハイライトにも使える色が入っていて、かなりの優秀アイテム!


プチプラなのに発色もよく、キレイな陰影をつけることができます。パレット中央のラメは大ぶりなので、特別なお出かけの日にもぴったり♡


キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ10 スウィートフラミンゴ / ¥842 / ラメ・パール控えめで毎日使いやすいナチュラルカラーと、かわいらしさをプラスする華やかカラーがセットになった、欲張りな女の子のためのアイシャドウパレット♡

さっそくハーフ顔メイクにチャレンジ!



(1)アイホール全体1の部分に、パレット右上の薄いブラウンをのせていきます

ポイントは、かなり広めに、指で伸ばしていくこと。この時に目の端より少し広めに伸ばすことで、元の目のサイズより大きい印象になりますよ♡

(2)次に2の二重幅に、パレット右下の濃いブラウンをのせていきます

この時も同じように、実際の二重幅より少し太めにのせると二重の幅が広く見えます。また、二重の始まるところと終わるところにも幅広に塗ると、末広二重の方も平行二重に見せることができます。


(3)ここからがハーフ顔メイクのポイント! 1の眉の下の位置に細く、パレット右下の濃いブラウンを入れます

付属のブラシのブラシ側を使って入れるとキレイに仕上がりますよ。この位置に影を作ることで、外国人のような骨格のはっきりした顔立ちに♡

また2の鼻の付け根にも、同じようにパレット右下のブラウンを入れて鼻を高く見せます。

2以外の部分のノーズシャドウは、パレット右上の薄いブラウンを涙袋の位置くらいまで、鼻の横に沿って入れると鼻筋が通って見えますよ♡

(4)最後に3のまぶたの一番高い位置に、パレット左上のクリーム色をのせます

指で縦に線を引くように入れると、キレイに仕上がりますよ。ハイライトを入れることで立体感が出て、目の大きさを大きく見せる効果が♡

涙袋メイクで愛されフェイスに♡


ハーフ顔の中でも特に大切なのが愛嬌たっぷりの涙袋。笑った時にふっくらする涙袋を作っていきましょう♡

ぷっくり涙袋の作り方!


(1)まず口角を上げて笑ったような顔をして、涙袋の影を作る位置を確認します

(2)頬骨が上がった時に、目の下に少し影ができる位置にパレット右下の濃いブラウンをのせます

私の場合は、画像の2の位置になるので、そこに付属のブラシのブラシ側で影を入れていきます。この時は不自然でもまだぼかさなくて大丈夫!

(3)さらに目の下のキワから影の位置までの間を埋めるようにパレット左上のクリーム色をのせます

私は1の部分になるので、そこに指でハイライトになるクリーム色をのせます。この時に、少しだけパレット左下のピンクを混ぜると、自然で血色のいい涙袋が完成しますよ♡

ポイントは笑いながらメイク♡
ポイントは必ず笑いながら影をつけること! 自分の元の涙袋を誇張するメイクなので、不自然になりにくく、笑った時も自然にふっくらします♡

最後にアイラインとリップを引いて完成したメイクはこちら。



いかかでしたか? 
プチプラアイテム1つでアイメイクが完成するので、毎日使ってもパレットの減りが心配になりません。またパレット自体がコンパクトなので、お出かけ時のメイク直しも簡単にできますよ!

パレット中央のラメを目の下に入れいれば、ナイトシーンにもぴったりなモテフェイスに♡ みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね♡
(Nana Numoto)