ソフトバンク、auは、「スーパースローモーション撮影」やシャッターを切る直前の画像も記録できる「先読み撮影」が可能なスマートフォン「Xperia XZs」を5月26日より販売開始します。

なめらかなループ形状のデザイン


 
「Xperia XZs」は、ディスプレー面から側面、背面と切れ目がないループ形状のデザインとなっています。背面パネルには高輝度・高純度のメタル素材「ALKANEIDO(アルカレイド)」を採用し、マットな質感を生み出すサンブラスト加工が施されています。
 

 
カラーバリエーションは、高輝度メタルの素材感を活かした、やわらかな色合いの「アイスブルー」「ブラック」「ウォームシルバー」「シトラス」の4色です。

今回の目玉機能「Motion Eye カメラシステム」


 
「Xperia XZs」の大きな特徴は、新開発されたMotion Eyeカメラシステムによる2つの機能「スーパースローモーション撮影」と「先読み撮影」です。
 

 
スーパースローモーション撮影では、1秒間に960コマのスーパースロー映像を残すことができ、なにげない一瞬も見逃しません。また先読み撮影は、被写体の動きを検知すると自動で映像を一時保存し、撮影時の画像と合わせて最大4枚の写真を残せる仕組みです。これにより、シャッタータイミングが遅れても、ベストショットを逃すことがなくなります。

5月26日より発売開始

「Xperia XZs」は、5月26日よりソフトバンク、auから発売開始され、それに先立ち5月23日現在予約を受け付けています。
 
ソフトバンクの製品販売ページでは価格も公開されており、一括購入時は87,840円月々割の適用で42,720円(月々1,780円×24回払い)となっています。
 

機種名Xperia XZs 重量161g電池容量2,900mAhメモリROM 32GB / RAM 4GBCPU2.2GHz(デュアルコア)/1.6GHz(デュアルコア)クアッドコアOSAndroid 7.1ディスプレイ約5.2インチ トリルミナスディスプレイカメラメイン:約1,920万画素
サブ:約1,320万画素サイズ
(幅×高さ×厚さ)72×146×8.1mm連続通話/
連続待受時間GSM:760分/3G:1,890分/LTE:1,710分連続視聴時間GSM:735時間/3G:830時間/4G:700時間/4G LTE:700時間外部メモリmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)Bluetoothver.4.2Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac

 
 
Source:ソフトバンク
Photo:ソニーモバイルコミュニケーションズ
(kotobaya)