ファッション誌「Ray」2017年7月号では、Ray専属モデルであり、6月にアイドルグループ「℃-ute」解散を控えた鈴木愛理が初の単独表紙を飾る。

他のモデルにまざると、「みじめさを感じることもある」という161.8cmの身長で「やれることはやろうと心に決めてる」という。「ラストシングルでも歌っているように、「『不安無い』っちゃウソになる それも含めて行ってきます」、まさにこの心境なんです」という前向きな気持ちなどを、正直な言葉で語っている。

また、同特集内では℃-uteメンバー全員が登場する企画も。「℃-uteの中でいちばん○○なのは?」をテーマに、「モテそうなのは?」「泣き虫なのは?」など、毎日一緒に過ごしている5人だからこそ分かるやりとりに迫っている。

また、芸能界に入っていなかったら、「バックパッカーをしてみたかった」福士蒼汰、私生活に迫る質問に答える「福士蒼汰に50の質問」企画では、好きなイケメン殿堂入りの福士蒼汰が登場。俳優としてますます輝きを放つ福士に、さまざまな質問に答えている。