英国バークシャー州バックルベリーで5月20日(現地時間)に結婚式を挙げたピッパ・ミドルトンとジェームズ・マシューズが、ハネムーンに旅立った。ロサンゼルス国際空港で飛行機を乗り継いでいるところが目撃された新婚夫婦のハネムーン先は、南太平洋のフランス領ポリネシアのテティアロア島。かつて俳優のマーロン・ブランドが所有していた島で、2人はビーチサイドにある1泊3000ポンド(約43万円)のコテージに宿泊すると報じられている。関係者によると、夫婦はこの島に1週間滞在するそうだけど、それだけでハネムーンは終わらない!

南太平洋のフランス領ポリネシアのテティアロア島

「サン」紙は、2人がその後スコットランドのネス湖近くに向かうと報道。「ピッパとジェームズは盛大な結婚式をとても楽しんでいたけれど、この数カ月はとても忙しかった。2人だけで静かに過ごしたいと思っている」そうで、ハネムーンには華やかなビーチリゾートと静かなスコットランドの高地という「まったく違う場所2ヶ所を選んだ」とか。

スコットランドのネス湖

実は、スコットランドは夫婦にとって思い出の土地。2016年にイギリスの湖水地方からスコットランドのネス湖近くを旅行しているとき、ジェームズはピッパにプロポーズ♡ ちなみにネス湖近くにジェームズの父は、広大な土地を所有している。スコットランドで過ごした後には、フランスでテニスの全仏オープンの決勝戦を見る予定という報道も。新婚夫婦のラブラブなハネムーンは当分続きそう。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka