犬のローラは保護団体によって救助されるまでの8年間、暗いガレージの冷たいコンクリートの上で暮らしていました。

今はニューヨーク在住の女性が里親となり、7週間前から一緒に暮らしています。

するとローラはかつての反動なのか、いつでも「ふかふかの場所」で寝たがるようになったとのことです。

 

Abused Dog Gets All The Beds She Wants


ふかふかのベッドの上で、心底幸せそうに寝そべるローラ。


犬用ベッド1個くらいは満足せず、複数枚を重ねるほどの「ふかふかフリーク」。


重ねるものが見当たらないときは、飼い主さんの枕を奪ってくるとのこと。

[画像を見る]
車で移動するときも、ふかふかマットを求めます。

[画像を見る]
庭ではソファの上で日向ぼっこ。

[画像を見る]
「あー、しあわせー」

[画像を見る]
そしてやはり、最もふかふかなのは人間のベッド。

どれだけ気持ちいいかは、この寝顔を見れば一目瞭然ですね。

【長年コンクリートの上で暮らしていた犬、誰よりも「ふかふかのベッド」を愛するようになる】を全て見る