【詳細】他の写真はこちら

おお、これなら頑張れば買えるかも!?

BMWのバイクといえば、大きくてメカ満載で高価……そんなイメージを持つかもしれませんが、このバイクはそれを覆すことでしょう。BMWにおける自動二輪車生産販売部門の日本法人となるBMW Motorrad Japanは、『BMW G 310 R(ジー・サンイチマル・アール)』を2017年6月1日から日本国内で販売すると発表しました。普通二輪免許で乗れる排気量かつ、魅力的なデザインの車両となっています。メーカー希望小売価格は58万円(税込)。車体色はパールホワイトメタリック、コズミックブラック、ストラトブルーメタリックの3色です。

中免だってOK! 気軽に乗り出せます





モデル名からなんとなく予想は付くかと思いますが、『BMW G 310 R』は排気量313ccの水冷単気筒エンジンを搭載。そのため、普通二輪免許(通称:中免)しか持っていなくても乗車できるんです。最近バイクメーカー各社は高付加な大排気量バイクのラインナップを増やしつつありますが、普通二輪免許で乗れるバイク、しかもBMWというのはなんとも嬉しいですね。

車両重量も158.5kgとなかなか軽量。初めてバイクに乗る方や女性でも持て余すことはなさそうかな。

上位モデル譲りのデザイン





小排気量だからって、手が抜かれているわけではありません。車体デザインは大型バイク『BMW S 1000 R』から受け継がれており、見た目の高級感も満足できそう。倒立フォークがカッコイイ!

さらに低重心なエンジンやスイングアーム配置により、車両の安定性を向上させているんだそう。ABSを搭載しているので、いざという時のブレーキングでも安心ですね。

58万円はかなり攻めた価格設定!





このように魅力的な『BMW G 310 R』ですが、メーカー希望小売価格が58万円(税込)なのも注目です。え、高い? いえいえ、国内メーカーの251〜400ccのバイクラインナップの価格を見てみてください。60万、70万、モノによっては80万円〜なんて値札がついていると思いますよ。それに比べ輸入車(ドイツ製造)で58万円はある意味特価。『BMW G 310 R』は多くのライダーにおすすめできるモデルになるのではないでしょうか。

文/塚本直樹

関連サイト



BMW Motorrad『BMW G 310 R』製品販売ページ

関連記事



約60年前の『BMW R50/3』がカスタムバイクで蘇る。博物館に飾りたいレベルの完成度

【バイク版ダイエット】ゴツい印象のBMW『K100RS』が驚きの激ヤセ!

えっ、このモダンなカスタムバイクが80年代のヤマハ『ビラーゴ』ベース!?

スクランブラー流行の兆しか? ヤマハ「SR」の個性的なオフ車風カスタムバイクがお洒落