5週連続トップ!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
 - (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

写真拡大

 5月22日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が5週連続で首位を獲得した。

 2位は初登場の『映画「聲の形」』。「週刊少年マガジン」で連載された大今良時のマンガを「けいおん!」の京都アニメーションと山田尚子監督が映画化したアニメーション映画だ。小学6年生の石田将也は、転校生してきた聴覚障害を持つ少女・西宮硝子へ好奇心を抱く。しかし2人はすれ違い、やがてクラスや学校を巻き込む問題が発生。将也は周囲から孤立してしまう。5年後、心を閉ざしたまま生きる高校生になった将也は、ある決意を胸に硝子と再会する。

 3位は先週2位の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。同作には旧3部作(エピソード4〜6)が好きなオールドファンには懐かしい兵器やキャラクターが登場する。『エピソード4』のデス・スター、『エピソード5』の4足で動く巨大兵器AT-ATに似たAT-ACT、そしてシリーズを代表する悪役ダース・ベイダーだ。

 4位はこちらも初登場の『ザ・コンサルタント』。主人公は小さな町の会計士を装いながら、麻薬ディーラーや武器密売人など世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り巨万の富を築いているクリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。ある日彼は、大企業からの財務調査依頼を請け負い重大な不正を見つけるが、依頼は一方的に打ち切られ、何者かに命を狙われる。本作でベンは銃撃戦や格闘などのアクションに体当たりで挑戦。世界の裏社会をかき回す寡黙なアンチヒーローを熱演している。

 10位に初登場となったのは『レッド・ダイヤモンド』。ブルース・ウィリスがマフィアのボスを演じるアクション映画だ。凄腕の泥棒ジャック(マーク=ポール・ゴスラー)の前に、元相棒で恋人のカレン(クレア・フォーラニ)が姿を現す。カレンはマフィアの首領エディ(ウィリス)から依頼された仕事に失敗し、追われる身となっていた。名誉挽回のためにジャックの手を借りにきたカレンに対してジャックは助っ人を買って出るが……。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(1位)
2位『映画「聲の形」』(初登場)
3位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2位)
4位『ザ・コンサルタント』(初登場)
5位『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(3位)
6位『シン・ゴジラ』(4位)
7位『デスノート Light up the NEW world』(6位)
8位『バイオハザード:ザ・ファイナル』(5位)
9位『何者』(7位)
10位『レッド・ダイヤモンド』(初登場)

 今週は24日に『マグニフィセント・セブン』がレンタル開始となる。『ファンタスティック・ビースト』が6週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)