現地時間6月5日から開催されるWWDC 2017での発表が確実視されるiOS11の、iPad Pro向け機能に特化したコンセプトデザインを、ブログメディアMacStoriesが公開しました。

6月のWWDCで期待高まるiPad Proの噂

現地時間6月5日から開催される世界開発者会議(WWDC)2017では、iOS11のほかmacOSやwatchOS、tvOSの最新版が発表されると見込まれています。
 
このほか、10.5インチのiPad Proのほか、Siri搭載スピーカー、新型MacBookも発表されるのではないか、と噂されています。
 
新型iPad Proへの期待が高まっていますが、iOS9ではSplit ViewやSlide Over、ピクチャ・イン・ピクチャといったiPadに特化した新機能が追加されたのに対し、iOS10ではiPad向け機能の目立った強化がありませんでした。
 
MacStoriesは、iOS11ではiPad Proが本当にパソコンの代替となるために、使い勝手が強化されることに期待したコンセプトデザインを制作・公開した、としています。

ドラッグ&ドロップ:アプリをまたいで利用

アプリをまたいだ、システムレベルでの「ドラッグ&ドロップ」は、パソコンでは当たり前に使われていますが、iOSでは実現していません。
 

 
コンテンツ制作に活用されるiPadにこそ、アプリ間でのドラッグ&ドロップには期待したいところです。

シェルフ:気になる情報を一時保存

Web上の気になった情報などを一時保存する「本棚」として使える「シェルフ」は、アプリウィンドウを三本指で下にドラッグすると表示されます。
 

 
アイコンは、表示中だったファイルや再生中のアルバムと、アプリのアイコンを組み合わせで表示されます。
 
MacStoriesが「シェルフ」をiPadのパワーユーザー向け機能と位置付けているように、複数のアプリを切り替えながら作業するユーザーに嬉しい機能となりそうです。

Split Viewの刷新:アプリ切り替えをスムーズに

Split Viewを刷新し、よく使うアプリが小型ホームスクリーンのようなグリッドに、最近使ったアプリが画面下部に表示され、アプリの切替えがスムーズにできるデザインが提案されています。
 

Finder :クラウド上のデータも探しやすく

Macでおなじみの「Finder」をiPad向けにアレンジして導入することで、iCloudやDropboxに保存されたデータを探しやすく、整理しやすくなることが期待されます。
 

複数オーディオの同時再生なども提案

このほか、無音のビデオストリーミングを見ながら音楽を再生できるような、複数のオーディオソースの同時再生機能の追加、システム全体を通じてデザインに統一感を持たせること等が提案されています。
 

 
iOS11のコンセプト動画は、こちらからご覧ください。
 

 
 
Source:MacStories
(hato)