心無い飼い主に捨てられてしまう動物たちは、残念ながら後を絶たない。そんな中、イギリスのウェールズ地方で、画期的な判決が言い渡された。

カーペットで隠すように捨てられたマックス

イギリスの非営利団体、英国動物虐待防止協会(RSPCA)が5月8日に出したプレスリリースによると、ジャーマンシェパードのマックスが、飼い主によって捨てられたのは2016年8月12日のこと。

カーペットに包んだ状態で、山道に放置されていたマックスを通行人が発見。獣医に持ち込んでくれたという。

保護された際には、病気のため衰弱しており、耳の感染症にも苦しんでいた。また、ひどく痩せて背骨が浮き出ていたそうだ。

残念ながら助からなかった

残念ながらマックスに回復の見込みはなく、そのまま安楽死させることとなった。

通行人が見つけてくれなければ、道端でただ死を待っていたのかと思うと、やるせなさを感じてしまう。

RSPCAが飼い主を探し出した

病気の治療を受けさせるのでも、最期を看取るのでもなく、ただ捨てるという選択肢を選んだ飼い主。RSPCAは2016年8月17日、そんな飼い主を見つけるため、Facebook上で情報提供を呼び掛けた。

するとその投稿は、1.5万人からリアクションを受け、2万件近くシェアされたのだ。そしてマックスの元飼い主である50代の男性を見つけ出した。

4月24日に裁判が開かれた

マックスに不必要な苦しみを与えたこと、治療を受けさせなかったことを認めた元飼い主。

4月24日、Cwmbran Magistrates’裁判所にて、懲役18週間、執行猶予12ヵ月に加えて、515ポンド(約7万5735円)の罰金と、「生涯ペット飼育禁止」が言い渡されたのだ。

この結果を受けてRSPCAのアニー・シモンズさんは、「助けが必要な時に寄り添うのではなく、捨てることを元飼い主が選んだのは悲しい」としたうえで、「今回の件で重要なのは、動物をこのように捨てると、罰を受けるとはっきりしたこと」とコメントしている。