これって“マリッジブルー”なの?結婚すべきか迷ったときの対処法とは?

写真拡大

こんにちは、コラムニストの愛子です!

あんなに結婚したかったはずなのに、いざ目前に迎えると尻込みしてしまうという女性は多いのではないでしょうか。
今結婚してしまっていいのか、本当にこの人でいいのか、自分だけの自由な人生を終わらせて後悔しないか……等々。

一過性のマリッジブルーだったらいいけれど、何かを大きく間違えているような気がしたら、それを見過ごすことはできませんよね。

そこで今回は、結婚に迷った結果、結婚した女性としなかった女性に、結婚に迷ったらすべきこと を聞いてきました!

●婚約者がいると公言して飲み会に参加してみる

『婚約者がいるって分かると、周りの独身男性たちは相手にしてくれなくなる。他の独身女性たちだけが連絡先を聞かれたり、デートに誘われたりするところを見て、羨ましくならなければ結婚してもいいと思う。私は羨ましくならなかったから結婚した。今のところ幸せだよ』(30歳/既婚女性/美容)

『結婚が決まった途端、他の男性にチヤホヤされなくなる。飲み会で結婚するって言ってみたら、あからさまに男性たちの態度が変わって、想像以上に寂しかった。結婚したらこの先ずっとこうなんだと思ったら、もう少し自由でいたくなって、婚約破棄したことがあるよ』(29歳/未婚女性/事務)

結婚するって、離婚しない限り恋愛市場を退く こと。

それを後悔しないかを見極めるには、他の独身女性だけが男性にチヤホヤされているところを、目の当たりにするのが一番手っ取り早い気がします。

生活の変化に対する不安から結婚への迷いが生じることはあっても、本当に婚約者のことを愛していれば、他の男性のことなど気にはならないはずです。

また婚約者への愛情だけではなく、家庭を持つことを心から望んでいる のであれば、きっと新しい恋を見つけようとする男女のやり取りが、それほど輝かしくは見えないでしょう。

「私もあの中に交ざりたい。たくさんの男性にチヤホヤされたい。あの子たちばっかりズルい」もしそんな心の声が止まなかったら、結婚についてもう一度よく考えるべきなのかもしれません。

●同棲してみる

『結婚を考え始めてから、彼氏の家に2週間くらい泊まってみた。本格的に同棲する前にお試し的な感じで。そうしたらそのちょっとの間でギブアップ。同棲も無理だったら、結婚なんてもっと無理だな〜と思って、別れた』
(28歳/未婚女性/接客)

『やっぱり結婚生活を想像するには同棲が1番だと思う。私たちの場合は、一緒に暮らし始めてからのほうが上手くいった。だから結婚に踏み切れたんだよね』(31歳/既婚女性/受付)

結婚と同棲は全然違うともよく聞きますが、一緒に暮らしたことがないよりは、結婚生活を想像しやすいのではないでしょうか。

結婚前の同棲、そして同棲前の長めのお泊りがすすめです。
ただし、同棲してしまうとズルズルそのままの関係が続く というケースも多いようなので、期間を決めるのもいいかもしれません。

彼とよく話し合ってみてください。

●幸せの形は常に変わる?今出来る最善の選択を

結婚は人生の一大イベント。後悔しない選択が出来ればベストです。
でも、取り返しがつかないわけではありません。

私の周りには、バツイチのシングルマザーもいれば、再婚した女性もいます。
もちろん表には出さない苦労だってたくさんあるのだと思いますが、少なくとも私の目から見る彼女たちは幸せそうです。

「結婚する」「しない」どちらを選んでも幸せを感じる日もあれば、後悔する日もあるのかもしれません。
それでも「自分で決めたことだから」と納得出来る ように、今出来る最善の選択をしてくださいね。

最後に、「結婚=恋愛市場を引退」と書きましたが、結婚したからといって恋愛を止めるのではありません。
旦那様と、ずっと恋愛することだって出来るはず!と思うのは、私がまだ独身だからなのでしょうか。

でもそう信じていないと、結婚なんて出来ませんよね(笑)。

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)