ラスベガスで5月21日(現地時間)、ビルボード・ミュージック・アワードの授賞式が開催された。2017年は最多受賞となったドレイクが、トップアーティスト賞、トップ男性アーティスト賞などなんと13部門を制覇。トップ女性アーティスト賞は、グラミー賞でも激突したアデル抑えてビヨンセが輝いた。また、ドレイクはアーティストとして圧倒的勝利を収め、モテ男としての大胆コメントでも話題を独占。トップ・ビルボード200アーティストの受賞スピーチで、司会を務めたヴァネッサ・ハジェンズに向かって、「今夜のヴァネッサがとても素敵だってことを言っておきたい」といきなり告白。

 

これには、かつてドレイクと恋の噂も流れたニッキー・ミナージュが「私はどうなるわけ?」と叫んでご立腹。すると、今度はニッキーやリル・ウェイン、父親にも感謝の言葉を贈り、ご満悦のニッキーはドレイクに拍手を送った。ただ、これだけでニッキーへの賛辞は終わらず、トップアーティスト賞の受賞スピーチでドレイクはニッキーを指さして、「僕は最愛の人を手に入れた」と愛の告白をした。

2016年8月には、MTVビデオ・ミュージック・アワードのステージで「リアーナは22歳のときから愛している女性」と明かしたドレイク。その純愛ぶりで世界を沸かせたけれど、もしかして単なる告白魔なのかも……。

2017 ビルボード・ミュージック・アワードの主な受賞結果
トップアーティスト:ドレイク
トップニューアーティスト:ゼイン
ビルボードチャート・アチーブメント:トゥエンティ・ワン・パイロッツ
トップ男性アーティスト:ドレイク
トップ女性アーティスト:ビヨンセ
トップデュオ/グループ:トゥエンティ・ワン・パイロッツ
トップビルボード200アーティスト:ドレイク
トップホット100アーティスト:ドレイク
トップR&Bアーティスト:ビヨンセ
トップラップ・アーティスト:ドレイク

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka