鏡を割る木槌をもっておどけるブラッド・ピット

写真拡大

ブラッド・ピットがNetflixと初タッグを組んだオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』が、5月26日(金)より全世界同時にオンラインストリーミング配信される。主演と製作を兼ねたブラッドがスタッフと共に来日し、5月23日に六本木ヒルズアリーナで開催されたジャパンプレミアに登壇。鏡割りをする際に、おちゃめに木槌でおどけるブラッドの姿が会場を笑いに包んだ。

【写真を見る】ファンとご機嫌な笑顔で写真を撮るブラッド・ピット

共に来日したデヴィッド・ミショッド監督、プロデューサーのデデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーと共にレッドカーペットを歩いたブラッドは、ファンのサイン攻めや写真にも気持ち良く応じた。

劇中で“顔芸”のような百面相を披露しているブラッドは、メインビジュアルについて「できるだけ彼を見たくないよ。鼻の中にも何かが入っているみたいだし」とジョークを飛ばした後「この映画は愛の結晶だ。ここまで大胆な映画に出ることはそうそうないよ」と映画をアピール。

デヴィッド・ミショッド監督も「良い体験ができたよ。ブラッド・ピットにイカれた役を演じてもらえることも喜びだった」と笑顔を見せた。

最後にブラッドは「本当にありがとう。『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』を是非Netflixでごらんください」と言った後で「ドウモアリガト」と日本語の挨拶で締めくくった。

『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は、ベストセラーのルポルタージュから発想を得た戦争アクション大作。ブラッド・ピット演じる将軍グレン・マクマホンの栄光と衰退を描きつつ、現代の戦争の裏側に迫っていく。【取材・文/山崎伸子】