武井壮

写真拡大

22日深夜放送の「オー!!マイ神様!!」(TBS系)で、爆笑問題田中裕二が、タレントで元陸上競技選手の武井壮の弱点を暴露した。

番組では、芸能界でブレイクしたのが39歳だという遅咲きの武井が、「マイ神」として崇めている哲学者・ソクラテスの教えに基いた武井流の「成り上がり方程式」を徹底解説した。

武井は、十種競技の選手だった頃はお金持ちとは言えなかったが、現在は芸能人として多くの収入を得ることができ、陸上競技を世間に広めることができて本当に良かったという。

そんな武井の成り上がり方程式のひとつとして「人生浪費グラフ」を紹介。武井はホワイトボードに円を描き、人生80年として1日に使っている時間を人生の何年分に相当するかを解説した。仕事している時間はおよそ13年分、睡眠時間や食事、移動の時間はそれぞれ10年分といった具合に計算。残り17年分のうち、家でゴロゴロしたり、スマホをいじったりしている時間を5〜6時間程度だとした場合、15年分を浪費してしまうのだという。

すると残るはあと2年。このうち“ふとした時間”が1年分に相当すると説明し、成功に導く時間は残りの1年だけになってしまうのだという。

武井は、ソクラテスの教えにより、こうした分析をして成功するために無駄な時間は極力削り、自分の人生を善くするために使うという考えに気づいたのだという。

さらに武井は、スポーツの世界において、各競技に頂点の選手が必ずいることを説明し「縦の幅でしか楽しめないのでは、1番上の人以外は全員が2番以下」「それじゃ夢がない」「だけど、その高さを倒して、横幅をはるかにオレが超えていれば、地球はオレのもんだと」「そういう風に生きたい」と、力強く持論を展開。これには、番組MCの爆笑問題・田中裕二も「かっこいいね!」と称賛した。

数々の分析や成功への理論を展開し、ほかの出演者をうならせていた武井だが、田中は番組終盤、そんな武井の弱点を知っていると言い出す。「髪型のこだわりが強すぎて、あいつ、髪の毛くしゃくしゃにやったら相当戦力ダウンする」と、武井の弱点を暴露したのだ。

さらに田中は「あいつの髪への時間、1番無駄だなと思う」と一刀両断。うつむき気味にうなずく武井は「毎日1時間かけて(ヘア)メイクしてる」「人生(1日)の24分の1なんで、80年生きたら4年くらいはオレ、ヘアセットしてる」と自虐的に語り、笑いを誘っていた。

【関連記事】
武井壮がヒトの食行動に持論「幕の内弁当を選ぶやつはフィジカルが弱い」
武井壮 東京五輪に持論を展開「いろんな人が儲かるためにやるんじゃねぇのか?」
武井壮 男性が女性の胸を見ることについて力説「1回は絶対見る」