出典:Nosh

LINEでのやり取りは、好きな男性との距離を縮められる絶好のチャンスの場でもあります。

だからこそ、逆に嫌がられるようなことをしてしまうと、恋愛に発展できる可能性も低くなってしまうでしょう。

そこで今回は、男性に実は嫌がられている“ダメなLINE”を紹介します。

 

■「長文」を送りつける

LINEは短文でテンポ良く会話をするものと考えている人がほとんどなので、いきなり長文が送られてくると、ちょっと重い印象を与えます。画面を埋め尽くすような長文が表示されたら、それだけで読む気が失せてしまうかも。

好きな男性には、じっくりと考えて丁寧な文を送ろうとも思うかもしれませんが、LINE上ではそれが逆効果にもなりやすいです。長くてもなるべく3〜4行にはまとめるようにした方がいいでしょう。

 

■「質問」ばかりする

質問をしたり、“?”で終わるようにしたりすると、相手はその返事をしなければいけないので、会話が長く続けられます。これはLINEでの駆け引きとして、よく言われている方法でしょう。ただ、とはいえあまりにも質問をされまくったら、はっきり言って鬱陶しいだけです。

適度に質問をされると、自分に興味を持ってくれている感じがするので、男性もうれしいもの。でも、“質問攻め”になってしまうと、答えるのもかなり面倒ですし、なんだか圧迫感もあるので、男性はどんどん引いていってしまうでしょう。

 

■「スタンプ」をラリーさせる

LINEでよくやりがちなのが、スタンプだけのラリー合戦。会話に詰まってしまったときなどに、お互いにスタンプを送り合って、隙間を埋めようとしたりしちゃうこともありますよね。

でも、このムダなやり取りには、男性は内心うんざりしているもの。数回であればいいですが、しつこくいつまでも続くと、イライラだってしてくるでしょう。男性は気を遣ってラリーに付き合ってくれたりもするので、あなたの方から早めに切り上げてあげると、ホッとしてくれるでしょう。

 

■いつまでも「終わり」が見えない

好きな男性とは、いつまでもずっと話していたいと思うことでしょう。LINEで話しているときも、何とか必死に話題を探し出して、少しでも長く会話ができるようにと、頑張ったりもしちゃうかも。

その頑張りが、男性には次第に鬱陶しく思われてしまいます。いつまでも会話に終わりが見えてこないと、もはや苦痛にすら感じられてしまう。話が盛り上がったところで一旦終わりにした方が、「あの子との会話は楽しい」と思ってもらえやすいですよ。

 

男性は女性と違って、LINEでダラダラと会話を続けるのが、あまり好きではありません。それだけはちゃんと頭に入れておかないと、知らない間に嫌われてしまったりもしかねませんよ。

【関連記事】

※ 拷問だぁ〜!男子が返信に困る「女子からのLINE」4選

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ コレだけで!? 男をエッチな気分にさせるマル秘LINE

※ 脈ありのサイン♡男が「好きな女子」にだけ送る口説きLINE

※ ハートマークにキュン♡男がドキッっとする女友達からのLINE

※ ムラムラしちゃう!彼氏を「エッチな気分」にさせるLINEテク