Viveの装着感が劇的に向上。VIVE デラックス オーディオ ストラップの装着方法を写真で解説:週刊VR情報局
HTC Viveのヘッドセットの装着、取り外しが劇的に改善されるオプションのストラップ「VIVE デラックス オーディオ ストラップ」。

北米では既に発表されていたモデルですが、先日開催された「Unite 2017 Tokyo」にて、HTC NIPPONの西川美優氏より、日本発売が北米と同時の6月6日と発表されました。価格は税込1万2500円です。

今回のVR情報局では発売に先駆けて本製品を借用したので、HTC ViveヘッドセットにVIVE デラックス オーディオ ストラップを装着する手順を写真で細かくご紹介します。そして最初にお伝えしておきますが、装着感はサイコーです!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲これがHTC Viveのヘッドセットの標準状態。筆者はイヤフォンを使用していましたが、左右を確認しながら装着するのにうんざりしていました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲これがVIVE デラックス オーディオ ストラップのパッケージ。サイズは実測270(W)×200(D)×170(H)mm。わりと大きめです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲パッケージを開けるといきなり本体が現われます。気分がアガります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲中に入っているのは、VIVE デラックス オーディオ ストラップ本体、ベルクロ用ケーブルタイ、そしてネジ2本。この2本のネジはヘッドフォンを止めているものの予備です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲それでは早速、VIVE デラックス オーディオ ストラップをヘッドセットに取り付けてみましょう
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲まずはヘッドセットバックルを取り外します。はずすのは「VIVE」と書かれている部分です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲バックルを時計回りに90度回転させると、カチッと音が鳴ってはずれます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲元に戻すときは逆の手順ですね。ちなみに合体機構はツメで固定するタイプです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲同じように右側のバックルもはずします

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲つぎにヘッドセットの仕切りカバーをはずします。このように両親指で前方に押し出すように力を入れます。固いですが優しく慎重にずらしましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲このぐらいずらせば、あとはカンタンにはずれます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲仕切りカバーをはずすと4本のケーブルの先端部分が現われます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲端子はデリケートなので、慎重に引き抜きましょう。HDMIケーブルには引き抜くためのつまみが付いています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲4本のケーブルを抜くとヘッドセットバックルを完全に取り外せます。ヘッドセットバックルからケーブルを引き抜きましょう。もちろん力任せではなく、それぞれのケーブル先端の端子部分を持って、ひとつひとつ仕切りカバーの穴を通して抜いていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲ヘッドセットバックルがこれで取れました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲オーディオケーブルは使用しないので、端に避けておきましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲今度はヘッドセットバックルに付いたままの仕切りカバーを取り外します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲マジックテープで固定されているだけなので、カンタンに取り外せます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲さて、これからが本番。VIVE デラックス オーディオ ストラップの取り付けを開始します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲まずはVIVE デラックス オーディオ ストラップのベルクロバンドに仕切りカバーを取り付けます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲つぎにVIVE デラックス オーディオ ストラップのバックルをはめこみます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲標準のヘッドセットバックルは回転させて着脱しますが、VIVE デラックス オーディオ ストラップのバックルは力任せです。ただし、正確に位置を合わせて手のひらなどでゆっくりと押し込んでください

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲正確に位置を合わせて押し込めば、軽い力でカチッとはまります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲逆のバックルも同じようにはめ込みます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲さて作業も大詰め。3-イン-1ケーブル(電源ケーブル、USBケーブル、HDMIケーブル)とオーディオケーブルを仕切りカバーの穴に通します。この際、3-イン-1ケーブルはストラップの向かって左、オーディオケーブルは向かって左に来るようにすること、また「htc」のロゴの上にある穴を通さないようにご注意ください

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲左からオーディオケーブル、電源ケーブル、USBケーブル、HDMIケーブルという順番で差し込みます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲つぎに仕切りカバーを取り付けますが、仕切りカバーの突起部と、コンパートメントのタブを揃える必要があります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲取り外したときとは逆に、前方から後方にずらして装着します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲カチッと音が鳴るまでしっかりと押し込みます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲これで山場は終了。3-イン-1ケーブルをVIVE デラックス オーディオ ストラップの右側のクリップに......

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲オーディオケーブルを左側のクリップに取り付けて......

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲ベルクロ用ケーブルタイで、3-イン-1ケーブルをVIVE デラックス オーディオ ストラップの後方に固定します。これで作業はすべて完了です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲標準の状態とVIVE デラックス オーディオ ストラップを装着した状態を見比べると、後者の方が明らかにスッキリしていますね


▲3-イン-1ケーブルは背面に回るので、ハンドトラッキングコントローラーを振り回しても両腕の動きを邪魔しません

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲フィット感は背面のダイヤルで調節可能です。ダイヤルの操作感は自転車用のヘルメットと同じ感覚ですね

さて、VIVE デラックス オーディオ ストラップの装着感ですが、非常に良好です。

HTC Vive標準のヘッドセットバックルは、頭の大きなワタシには後ろがずれ上がるような違和感があったのですが、VIVE デラックス オーディオ ストラップは上から頭を包み込むようにフィットします。

なによりも嬉しいのが装着、取り外しのしやすさ。一度ダイヤルでフィット感を調節しておけば、あとは帽子のような感覚で装着、取り外しが可能です。

高さ、角度調節が可能なヘッドフォンの音質面にも特に不満はありません。もちろん高級ヘッドフォンなどと比べれば解像感などに差はあるでしょうが、高音から低音まで癖なく出力するスタンダードな音作りが好印象です。

PCと接続するケーブルからは解放されませんが、イヤフォン、ヘッドフォンの脱着が不要となるVIVE デラックス オーディオ ストラップは、HTC Viveユーザー必携のアイテム。6月6日の発売を忘れずに待ちましょう!