アラサーの私が人生の迷子になったので「京都」に逃げた結果… 5月の京都に救われたこと3つ

写真拡大

私、今年で29歳。このところSNSを開くと「ご報告」なんてタイトルからの結婚報告をしている友達が非常に多く、心を無にして「いいね!」を押しまくる毎日。いいな、私もいつか結婚したいな♪ しかし、現実はまるで甘くありません。

恋人からは「結婚する気ないよ」と宣言され、友人からは「だから結婚できないんだよ」とアドバイスをいただき、親からは「まだ結婚しないのね」と心配され、怒涛のアラサーライフを送る日々(白目)。

そんな私に、JR東海から「京都の青もみじツアー」の取材に行きませんか?と声をかけてもらいました。京都といえば寺社仏閣、縁結びに運勢UP!

「オフシーズンだと思うけど、腐りかけた心を神仏パワーで浄化できる京都はいまの私にベストかも!」と思い、逃げるように5月の京都へ!

……結論から言っておきます、私、5月の京都なめてた。京都行くなら春と秋でしょ?と正直思っていた私をブン殴りたいくらい、5月の京都は素晴らしい。気候・景色・体験など、なにもかもが思いっきり充実していたのです!

【川床料理に徹底的に癒される】

京都は盆地なので、夏はとても暑く、冬はかなり寒い土地です。

でも、5月の京都の平均気温は約20度前後、とても過ごしやすい。おまけに、虫もあまり見かけない。なので、寺社仏閣をだいぶ歩いて巡りましたが、体力・気力ともにあまり失うことはありませんでした。

さてさて、京都で人気の「川床料理」を『貴船ふじや』さんでいただいてみました。評判はよく聞いていたものの体験は人生初だったのですが……これ、うわさにたがわず最高!

京都・貴船の「川床料理」は、川の流れの上に張り出した座敷で京料理を楽しむものです。まずは座敷に腰をおろし……その時点で異世界でした。そよぐ風の心地よさとせせらぐ川の音の美しさに心奪われ、見上げれば青々した新緑。なに! この!癒し力!! ハンパないよ……。

まずはお茶とお菓子をいただきほっこり。京都に来てよかった、と早くも心の底から叫びました(心の中で)。

これから食事、というときに残念ながら雨が降り出してしまい、しぶしぶ室内に移動。だけど、室内からの眺めもまた格別です。そして湯葉を衣にした海老のてんぷら、川魚のお料理、生麩など、THE京料理を堪能。

異空間レベルの美しい光景に美味しい京料理、アラサーの心の傷はそうとう癒されました。

【新緑の京都から喝を入れられる】

お次は世界遺産「下鴨神社」へ。今の季節は、青もみじが青々と生い茂り、そこに朱色の鳥居や山門がキリッと映えて荘厳な雰囲気が漂います。

ここで参拝していると「弱音を履いている場合じゃない」と喝を入れられた気分になり、なんだかイジけていた心と曲がっていた背筋がシャキッとなります。

前向きになった私は、下鴨神社の境内にある美人祈願で有名な「河合神社」へ。美人になるには努力も必要だけど、願掛けも大切ですよね!

キレイな肌になるといわれている「美人かりん水」を一滴残らず飲み干し、「美人になれますように」と書いた絵馬を飾り付け、本気の願掛けをしてきました。

【幻想的な夜の青もみじに心を浄化される】

5月の土日祝日の夜だけ開催される、叡山電車の「青もみじ 新緑ライトアップ」。
これは、市原駅から二ノ瀬駅の間だけ、電車が車内の照明を全て落としたうえで徐行運転するもの。乗客は、ライトアップされた青もみじをゆっくり鑑賞することができるのです。

実は当日、雨が少し降っていたので、どんな景色になるのが心配だったのですが……。車内の照明が消えた瞬間、窓一面に青もみじがパァアアッと広がり、見たことがないほどの幻想的な雰囲気に。

その光景を眺めるにつれて、心が生まれ変わるような清々しさをおぼえ、彼氏なんて、結婚なんて、どうでもいいじゃないか! って思えてきました。

【おまけ:坐禅にハマる】

東福寺で坐禅体験をしたのですが、坐禅めっちゃ楽しい!!
坐禅する前は和尚さんから「たるんでおる!(バチィンッ!!)」と、痛くて怖いものだと思っていました。だけど和尚さんに言われたとおりの正しい坐禅のポーズをすれば、悩みの種が尽きない頭でも、すぐに頭が空っぽになっちゃうのです!

だけど坐禅中、周りでバチィン!!と叩かれる音があちこちから聞こえてくる……! 叩かれても痛くないと説明を受けたけど、未知すぎてコワイ。すると……ゆっくり歩いていた和尚さんがスタスタとこっちに向かってきたではないか!!

頭の角度を直されただけでした。結局叩かれることもなく終わってしまったけど、せっかくだから記念に叩かれたかった。

坐禅終了後は、まるで脳と心の徹底マッサージを受けたかのような、うるわしいスッキリ感に包まれちゃいました。

その時に撮影した自分の顔が、ニタニタした笑顔で自分でもキモチ悪いなって思うくらい衝撃だったけど、それほどにキモチよかったのだということ。私こんな笑顔をする人間だったんだね。

人生迷子になりかけた29歳の5月。だけど、今回の京都のおかげでかなりの程度、元気になれました! 桜と紅葉の季節はちょっぴり混む京都、でも今の時期なら思ったより人出少なめ、ゆっくり過ごすことができました。京都、ありがとう!

取材協力:JR東海
参考リンク:京都 青もみじ・御朱印めぐり、気象庁、下鴨神社、叡山電車、東福寺、貴船ふじや
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

画像をもっと見る