【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は23日、北部の江原道・鉄原付近で同日午後4時ごろ、「未詳の航跡」が北朝鮮との軍事境界線を南側に越えたことを識別し、警告射撃を実施したと明らかにした。韓国軍は北側にK3機関銃約90発を発射したとされる。
ikasumi@yna.co.kr