金沢戦で2ゴールを挙げたウェリントン。4連勝で好調の福岡を牽引している。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 J2リーグは5月21日、各地で15節の11試合が行なわれた。
 
 前節、湘南との上位対決を制した福岡は、アウェーで金沢と対戦。18分にウェリントンのヘッドで幸先良く先制点を挙げると、24分に石津大介、42分にウェリントンがこの日2得点目を決め、3-0で前半を折り返す。後半は73分、87分と松田力が2ゴールを奪い、5-0で大勝。4連勝を記録し、首位に浮上した。
 
 また、湘南は松本に2-1で競り勝ち、名古屋は田口泰士と玉田圭司の得点で逆転勝利。前節まで首位の横浜FCは、岡山に1-2で黒星を喫した。これにより、勝点2差内に1位福岡から4位名古屋までがひしめく混戦になっている。

J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
5月21日(日)
松本 湘南(松本)

金沢 福岡(石川西部)

岡山  横浜FC(Cスタ)

山形  山口(NDスタ)

水戸  徳島(Ksスタ)

讃岐  群馬(ピカスタ)

東京V 京都(味スタ)

町田 大分(町田)

愛媛 名古屋(ニンスタ)

千葉 熊本(フクアリ)

岐阜 4-4 長崎(長良川)