『君のまなざし』より
 - (C) 2017 NEW STAR PRODUCTION

写真拡大

 22日、興行通信社から発表された土日2日間(20〜21日)の全国映画動員ランキングで、『美女と野獣』が5週連続で1位を獲得。累計興行収入90億円も間近となり、興収100億円突破に向けて、いよいよカウントダウンが始まった。そのほか山本美月と Hey! Say! JUMP の伊野尾慧W主演の『ピーチガール』や、宗教団体「幸福の科学」の大川隆法が製作総指揮と原案を手掛ける『君のまなざし』などが初登場した。

 公開5週目を迎えた『美女と野獣』の週末成績は、動員30万7,067人、興収4億3,456万5,100円を記録。その勢いはいまだ衰えず、幾多の新作を寄せ付けない強さを見せている。累計動員は637万3,666人、累計興収は89億1,774万7,100円を突破し、早ければ今週中にも100億円突破のニュースが飛び出すことが期待されている。また、全世界では興収12億2,180万ドル(約1,343億9,800万円/1ドル110円計算)を記録しており、全世界歴代興収トップ10入りを果たした。

 『ピーチガール』は動員12万人、興収1億4,300万円を記録し、3位にランクイン。『君のまなざし』は動員9万1,895人、興収1億2,674万9,300円で6位。177スクリーンで公開され、スクリーンアベレージは71万6,098円と好スタートを記録した。また、本年度アカデミー賞8部門にノミネートされた映画『メッセージ』が7位に初登場。198スクリーンで公開され、動員7万9,162人、興収1億625万7,700円となった。

 今週末は『ちょっと今から仕事やめてくる』『家族はつらいよ2』『美しい星』『光』『バイオハザード:ヴェンデッタ』『おじいちゃんはデブゴン』『光をくれた人』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年5月20〜21日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『美女と野獣』:5週目
2(2)『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』:6週目
3(初)『ピーチガール』:1週目
4(4)『ワイルド・スピード ICE BREAK』:4週目
5(3)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』:2週目
6(初)『君のまなざし』:1週目
7(初)『メッセージ』:1週目
8(6)『帝一の國』:4週目
9(5)『追憶』:3週目
10(初)『たたら侍』:1週目