防弾少年団、メンバー別にSNSで喜びと感謝を伝える“これはみなさんが受け取った賞です”

写真拡大 (全2枚)

防弾少年団がK-POPの歴史を新たに書き足した。

いつの間にかデビュー5年目となり、一段ずつ上がった階段は「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」での受賞という感激の瞬間を迎えた。防弾少年団は幸せの頂点で、A.R.M.Y(ファンクラブ名) の名を叫び、何度も感謝の気持ちを伝えた。

防弾少年団は21日(現地時間)、米ラスベガスのT-MOBILEアリーナで開催された「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」の「Top Social Artist」賞を受賞。

防弾少年団とともに候補となったのはジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、ショーン・メンデスである。この中で、ジャスティン・ビーバーは、2011年に同部門が新設されてから、連続して6年も受賞し続けてきたため、防弾少年団は彼を除いた最初の受賞者でもある。

驚きと幸せに満ちた表情でステージに上がったメンバーは、英語と韓国語で感想を述べた。何度も「本当に愛してるし、感謝している。さらに素敵な防弾少年団になる」と約束した。

デビュー前から公式Twitterを通してファンとコミュニケーションを取ってきた防弾少年団は、特別な日であるこの日も、発信することを忘れなかった。メンバー別に自身の名を書いて、公式Twitterに感想や写真など掲載したのだ。

ジミンはトロフィーの写真とともに「これはみなさんが受け取った賞です。感謝しています。愛しています」と挨拶。SUGAとジョングクはセルフショットとともに「A.R.M.Y、ありがとう。本当に嬉しい」「ありがとう、感謝」と感想を伝えた。

ジンは「A.R.M.Yありがとうございます。幸せにしてくれてありがとうございます。すべてがA.R.M.Yのおかげです」と、映像で気持ちを表現した。Vは「愛しているし、感謝している。これ以上どう表現すればいいか分からない。これからもたくさん努力します」と話した。J-HOPEはメンバーとともに授賞式場で撮影した映像を公開し、「忘れられない、信じられない、感謝に満ちた今日一日」と書き込んだ。

リーダーのRAP MONSTERは、授賞式で防弾少年団を代表して感想を述べた。「僕たちの友人であるA.R.M.Yに感謝しています。『ビルボード・ミュージック・アワード 2017』のステージに立っているということが今も信じられません。最も重要なのは、この賞は僕たちを輝かせて、愛してくれる全世界の皆さんのものであるということです」と話し、胸一杯の感動を表現した。そして公式Twitterにはマジェンタカーペットイベントで撮影した集合写真と「夢が叶いました」という防弾少年団の姿を掲載。

防弾少年団が受賞した「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」の「Top Social Artist」賞は、ここ1年間のアルバム及びデジタル音源の販売数、ストリーミング、ラジオ放送回数、公演及びソーシャル参加指数などのデータと、5月1日から行われたグローバルファン投票を合算した結果で最終受賞者が選定された。