SUPER JUNIOR シンドン&UV、SM「STATION」でコラボ曲発売…発売は6月との予測

写真拡大

SM STATIONが再びサプライズコラボを準備した。共同作業の主人公は、SUPER JUNIORのシンドンとUVのユ・セユンとMuzieだ。

3人は最近済州島(チェジュド) でミュージックビデオを撮影し、新曲の発表を急いだ。恐らく6月中に発売される見通し。

シンドンとUVという新曲発売は、この組み合わせだけで十分期待できる。シンドンはSUPER JUNIOR最高のエンターテイナーだ。SUPER JUNIORの活動がない時期には、バラエティ番組で精力的に活躍する。そしてSUPER JUNIORの中ではダンスやトロット(韓国の演歌) など、全てのジャンルがこなせるダンサーでもある。

対するUVは、コミックソングの第1人者だ。「クールじゃなくてごめん」「梨泰院(ウルチ) フリーダム」を発売し、コミカルなミュージックビデオと歌詞で音楽ランキング1位になる快挙を達成している。

ロックからクラシック、EDM、トロットまであらゆるジャンルを披露してきたSM STATIONが再び愉快で爽快で痛快な挑戦をするようだ。

加えて今回の新曲発売は、シンドン個人にも意義深い試みである。シンドンが曲を発表したのは、2015年の9月にSUPER JUNIORとしてリリースした「MAGIC」以来で、ソロ曲を発表したことはない。これは、SUPER JUNIORのカムバックを控え、精力的に活動し、個人の能力を向上させたいというシンドンの意志とも通じた活動になるだろう。

SM STATIONは、SMエンターテインメントが発表するデジタル音源公開チャンネル。昨年オープンして、46回目の音源が発売された。毎週音源を発表することは不可能と思われたが、新鮮な企画力とジャンル、歌手などを限定しない拡張力でシステム構築に成功したと評価されている。