元SM ホ・ナム、済州島に韓流トレーニングセンター開館オープン“韓流の聖地を作る”

写真拡大

「済州島を韓流の聖地に作り上げます。」

文化観光、韓流のメッカ、済州特別自治道1号の済州HALLAエンターテインメント設立に続き、初の韓流トレーニングセンター開館式が19日、済州道内に300人程が参加する中、盛大に行われた。

済州島の中心、老衡洞(ノヒョンドン) にある済州韓流トレーニングセンターは、ボーカル、演技、ダンス、モデル、ショーMCなど、様々なカリキュラムを開設、トータルプロフェッショナルトレーニングセンターとして本格的な活動に入る。アイドル歌手を夢見る練習生たちに向けたボーカルトレーニングや、舞台適応用のスペースも設けられており、集中してケアできるのが特徴である。

済州韓流トレーニングセンター長には、済州HALLAエンターテインメントのホ・ナム代表が務める。ホ代表はSMエンターテインメント元年メンバーで、H.O.T.、S.E.S、神話、BoAなど数多くのアイドルスターと共に歩んで歌謡通と呼ばれた代表的なマネージャーである。また、SMエンターテインメントおよび中国で最高のスタイリストとして知られているキム・ヨンラン氏がトレーニングセンター院長として合流した。

代表講師には、「多分それは」の歌手チェ・ヨンジュン、「目を閉じてみても」の歌手パク・ジュンヒ、俳優パン・ジュンヒョン、steet jamの創設者ユン・サンヨン院長、大韓民国最高のダンサー、オム・テイン、元スーパーモデルのキム・ヒョジンなどが独自のカリキュラムで授業を進行する。

ホ・ナムセンター長は「才気溢れ、芸能人になりうる人材が、これまでさまざまな条件で披露できず放棄されたり、きちんとした道を見つけられないのを見て心が痛みました。本土ではなく、済州島でしっかりとしたトレーニングを受けて、資質と潜在的な可能性を表出し、大きな舞台に立つことができるようにするのが目標」と感想を述べた。

そして「韓国のエンターテインメントと海外のエンターテインメントの練習生が、済州韓流トレーニングセンターのインキュベーティングシステムを通して、アイドルトレーニングセンターの中心となる済州島になり得るよう成長させ、世界最高の放送専門トレーニングセンターに成長することを期待している」と付け加えた。

この日の開館式には、SMエンターテインメント、IHQ、FNCエンターテインメントをはじめ、チャン・グンソク、ユン・ジョンシン、キム・グクチン、ファン・チヨル、SESのユジン、キム・ジソク、EXID、少女時代のソヒョン、チョン・ヒョンム、SUPER JUNIORのイトゥク、イ・フィジェ、Red Velvetのスルギなど、多数のエンターテインメント社と多くの芸能人がスタンド花や映像で開館式を祝った。