放送開始「サークル」ヨ・ジングとアン・ウヨンは手を取り合う日が来るのか

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ドラマ「サークル」のヨ・ジングとアン・ウヨンの切ない兄弟愛が描かれた。果たして彼らは、コン・スンヨンに立ち向かうために手を組むことになるのだろうか。

22日に韓国で放送がスタートしたtvN新月火ドラマ「サークル」第1話では、貧しい家庭で育つ“生計型首席”ハンダム科学技術大学の学生キム・ウジン(ヨ・ジング) が登場した。

キム・ウジンは父親に捨てられ、介護施設にいるおばあさんと共に暮らしている。たった一人の兄キム・ボムギュン(アン・ウヨン) は、宇宙人が父親を連れて行ったという陰謀論にハマり、精神病院と刑務所を行き来している。キム・ボムギュンが模範囚として釈放される頃、キム・ウジンの学校には不明な殺人事件が発生し、キム・ウジンはキム・ボムギュンを疑わざるをえなかった。

そんな中、キム・ウジンはキム・ボムギュンがずっと前に模範囚として仮釈放され、あるモデルで宇宙人事件と殺人事件にこだわっていることを知り、呆然とする。すべてのことが明らかになり、キム・ボムギュンは「あの宇宙人がお父さんを連れて行くのを僕たち2人とも見たじゃないか。否定するなよ。宇宙人はいるんだ。なぜ君の学校で人々が死んでいくと思う? 宇宙人が殺したんだ。あの人が殺したんだ」と、相変わらず宇宙人の陰謀論にハマっていることを表した。

キム・ウジンは涙を流しながら兄に宇宙人の存在を否定したが、キム・ボムギュンはこれを無視。その時、2人の前にハン・ジョンヨン(コン・スンヨン) が登場する。キム・ウジンとキム・ボムギュンは、幼い頃に見た宇宙人がハン・ジョンヨンの顔に変わるのを目撃した。そして二人はハン・ジョンヨンを見て立ちすくむ。

一家を引っ張って行かなければならないキム・ウジンと、父親に対する恋しさのために宇宙人事件にこだわるキム・ボムギュンの姿は視聴者を切ない気持ちにさせた。今後、彼らは宇宙人事件とハンナム大学殺人事件をめぐり激しく対立していく。兄弟であるにもかかわらず、お互いを牽制し敵対視しなければならないキム・ウジン&キム・ボムギュン。

果たして彼らが、コン・スンヨンに立ち向かうために遅ればせながらも手を組むことになるか、今後の展開に注目したい。